新メカニズム「英雄譚」が公開!ドミナリアのエンチャントが持つ、「伝承カウンター」の数を参照して様々な効果を誘発するメカニズム!※英雄譚のメカニズム紹介動画が公開!開発秘話も公開!



新メカニズム「英雄譚」が公開!ドミナリアのエンチャントが持つ、「伝承カウンター」の数を参照して様々な効果を誘発するメカニズム!※英雄譚のメカニズム紹介動画が公開!

リークによりやむをえず公開された「ドミナリア」のリリースノートより

英雄譚(Saga)

の新メカニズムが公開されました!

 (公式)DOMINARIA LEAK

新メカニズム:英雄譚・カードについて

『ドミナリア』セットでは、新しい種類のエンチャント「英雄譚」が登場する。各英雄譚は、あなたのターンになるたびに過去の重要な出来事に関する物語を紡いでゆく。

ドミナリア「英雄譚・エンチャント」公開カード一覧

【ドミナリア】黒神話の英雄譚「ファイレクシア教典(Phyrexian Scriptures)」のカード画像が公開!これまでに無い特徴的なテキスト枠のエンチャント! 【ドミナリア】赤アンコの英雄譚「ケルドの炎(The Flame of Keld)」のカード画像が公開!英雄譚カードに関する公式詳細解説も掲載!

マナコスト カード名 カードの種類 タイプ P T レアリティ
1 ジェラードの勝利(Triumph of Gerrard) エンチャント 英雄譚 - - アンコモン
5 スランの崩落(Fall of the Thran) エンチャント 英雄譚 - - レア
1 ベナリア史(History of Benalia) エンチャント 英雄譚 - - 神話レア
3 氷河期(Time of Ice) エンチャント 英雄譚 - - アンコモン
3 アンティキティー戦争(The Antiquities War) エンチャント 英雄譚 - - レア
4 ミラーリ予想(The Mirari Conjecture) エンチャント 英雄譚 - - レア
3 チェイナーの苦悩(Chainer's Torment) エンチャント 英雄譚 - - アンコモン
4 最古再誕(The Eldest Reborn) エンチャント 英雄譚 - - アンコモン
2 ベルゼンロック典礼(Rite of Belzenlok) エンチャント 英雄譚 - - レア
2 ファイレクシア教典(Phyrexian Scriptures) エンチャント 英雄譚 - - 神話レア
1 ケルドの炎(The Flame of Keld) エンチャント 英雄譚 - - アンコモン
2 最初の噴火(The First Eruption) エンチャント 英雄譚 - - レア
1 フレイアリーズの歌(Song of Freyalise) エンチャント 英雄譚 - - アンコモン
3 ドミナリアの大修復(The Mending of Dominaria) エンチャント 英雄譚 - - レア

英雄譚・カードに関する詳細説明(リリースノート)

  • 英雄譚が戦場に出るに際し、それのコントローラーはそれの上に伝承カウンターを1個置く。あなたの戦闘前メイン・フェイズが始まる際(あなたのドロー・ステップの直後)にも、あなたがコントロールしている各英雄譚の上に伝承カウンターをそれぞれ1個置く。これらのいずれかにより英雄譚に伝承カウンターを置くことは、スタックを使わない。
  • 英雄譚の文章欄の左側に書かれている各シンボルは章能力を表している。章能力は誘発型能力であり、英雄譚の上に伝承カウンターが置かれて英雄譚の上に置かれている伝承カウンターの個数がこの能力の章番号の数以上になったときに誘発する。章能力はスタックに置かれるので、対応することができる。
    すでに伝承カウンターが章番号の数以上置かれている英雄譚の上に伝承カウンターが置かれても、その章能力は誘発しない。たとえば、英雄譚の上に3個目の伝承カウンターが置かれると、IIIの章能力が誘発するが、IとIIが再び誘発することはない。
  • 章能力が誘発した後は、スタック上にあるその章能力は、その英雄譚の上にカウンターが置かれたり取り除かれたり、またその英雄譚が戦場を離れたりしても、その影響を受けない。
  • 複数の章能力が同時に誘発した場合、それらのコントローラーはそれらを望む順番でスタックに置く。それらの中に対象を取るものがある場合は、能力をスタックに置く時点で対象を選ぶ。これは、それらのどの能力の解決よりも先である。
    英雄譚からカウンターが取り除かれた場合は、その後英雄譚が伝承カウンターを得たときに、該当する章能力が再び誘発することになる。伝承カウンターが取り除かれること自体によって、以前の章能力が再び誘発することはない。
  • 英雄譚の上に置かれた伝承カウンターの数が、その英雄譚の最大の章番号の数(『ドミナリア』セットでは常に3)以上になって、その章能力がスタックを離れた(たとえば、それが解決されたり打ち消されたりした)なら、その英雄譚のコントローラーはその英雄譚を生け贄に捧げる。これは状況起因処理であり、スタックを使わない。

新メカニズム:英雄譚 まとめ

新メカニズムの「英雄譚」は、毎ターン異なる効果が誘発しうるエンチャントのため、設置して以降のゲーム展開も考えた計画的な運用が重要になりそうですね。

 MTG「ドミナリア」の収録カードリスト情報はこちら
 MTG「ドミナリア」の関連記事一覧はこちら

ベナリア史(ドミナリア 日本語版) 氷河期(ドミナリア 英雄譚 日本語版)

【追記】

MTG公式より、「英雄譚」のメカニズム紹介動画(英語)が公開されました!

また、MTG公式サイトでは「英雄譚の開発秘話」に関する記事が公開されています。

 (公式)Making Magic -マジック開発秘話-


【スポンサーリンク】

コメントを残す