【ドミナリア】反復の学部長、ナバン(Naban, Dean of Iteration)が公開!2マナ2/1&ウィザードが戦場に出ることで誘発する能力を追加で1回誘発させる伝説の人間ウィザード!



【ドミナリア】反復の学部長、ナバン(Naban, Dean of Iteration)が公開!2マナ2/1&ウィザードが戦場に出ることで誘発する能力を追加で1回誘発させる伝説の人間ウィザード!

MTG「ドミナリア」に収録される青レアの伝説人間ウィザード

反復の学部長、ナバン(Naban, Dean of Iteration)

が情報公開されました!

反復の学部長、ナバン(Naban, Dean of Iteration)ドミナリア・日本語版 反復の学部長、ナバン(Naban, Dean of Iteration)ドミナリア・英語版

《反復の学部長、ナバン》
{1}{U}
伝説のクリーチャー ― 人間・ウィザード
2/1
ウィザードが1体あなたのコントロール下で戦場に出たことによりあなたがコントロールしているパーマネントの誘発型能力が誘発するなら、その能力は追加でもう1回誘発する。

* 《反復の学部長、ナバン》は、ウィザードが持つそれ自身が「戦場に出たとき」に誘発する誘発型能力にも、ウィザードが1体「戦場に出るたび」に誘発する他の誘発型能力にも、どちらにも影響する。その種の誘発型能力には、「~とき、」か「~たび、」と書かれている。

* 置換効果は《反復の学部長、ナバン》の1つ目の能力の影響を受けない。たとえば、+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出るウィザードが、+1/+1カウンターを追加でもう1個得ることはない。

* 「[このクリーチャー]が戦場に出るに際し」適用される能力、たとえば、《翻弄する魔道士》によりカード名を選ぶことには影響しない。

* 《反復の学部長、ナバン》の効果は誘発型能力をコピーするわけではない。その能力を2回誘発させるのである。能力をスタックに置く際に行う選択、たとえばモードや対象の選択は、各能力につき個別に選択する。解決時に行う選択、たとえばカウンターをパーマネントの上に置くかどうかの選択も、個別に行う。

* 誘発イベントは「ウィザード」を特定して参照するものでなくてもよい。たとえば、「クリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび」に誘発する能力は、戦場に出たクリーチャーがウィザードであれば2回誘発する。

* 各パーマネントが戦場にある状態を、継続的効果も考慮した上で見て、誘発型能力が2回誘発するかどうかを決定する。たとえば、あなたが《秘儀での順応》をコントロールしていてクリーチャー・タイプとしてウィザードを選んでいた場合、《ルーン爪の熊》が戦場に出ることによって誘発する能力は追加でもう1回誘発する。

* 何らかの理由によりあなたが《反復の学部長、ナバン》を2体コントロールしているなら、ウィザードが1体戦場に出ると、能力は3回誘発する。4回ではない。《反復の学部長、ナバン》を3体コントロールしているなら4回、4体コントロールしているなら5回、以下同様である。

* ウィザード(《反復の学部長、ナバン》自身も含む)が《反復の学部長、ナバン》と同時に戦場に出たことによりあなたがコントロールしているパーマネントの誘発型能力が誘発するなら、その能力は追加でもう1回誘発する。

* 誘発型能力がもう一つの能力と関連している場合は、追加で誘発した誘発型能力もそのもう一つの能力と関連している。そのもう一つの能力が「その追放されたカード」を参照するなら、その誘発型能力の誘発によって追放されたすべてのカードを参照する。

* 関連している能力で、もう一つの能力が「その追放されたカード」に関する何らかの情報を必要とするものもある。その場合には、その能力は複数の答えを得ることになる。それらの答えが何らかの1つの値を定める場合は、それら答えの合計を用いる。たとえば、《精鋭秘儀術師》の戦場に出たときに誘発する能力が2回誘発し、カードが2枚追放されたとする。《精鋭秘儀術師》のもう一つの能力の起動コストに含まれるXの値は、それら2枚のカードの点数で見たマナ・コストの合計である。その能力の解決時に、あなたは両方のカードのコピーを生成する。あなたはそれらのコピーをまったく唱えなくても、そのうち1つのコピーを唱えても、両方を望む順番で唱えてもよい。

2マナ2/1&ウィザードが戦場に出ることで誘発する能力を追加でもう1回誘発させる、ウィザード限定の「パンハモニコン」を内臓するクリーチャーです!

 


 MTG「ドミナリア」収録カードリスト情報はこちら
 MTG「ドミナリア」の関連記事一覧はこちら

マーフォークのペテン師(ドミナリア 日本語版) 魔術師の反駁(Wizard's Retort)ドミナリア・日本語版


【スポンサーリンク】

コメントを残す