時のらせんリマスターの「旧枠FOIL」は27パックに1枚の封入率と判明!1BOXから約1.3枚の期待値!



時のらせんリマスターの「旧枠FOIL」は27パックに1枚の封入率と判明!1BOXから1.3枚の期待値!

2021年3月19日発売「時のらせんリマスター」に収録される

旧枠カードのFOIL版

の封入率は、27パックに1枚という超希少な封入率となるようです!

 時のらせんリマスター「シングルカード」高額ランキング!

旧枠カード自体は「時のらせんリマスター」のパックに1枚確定封入されますが、旧枠FOILに関してはかなり渋い封入率となっているようです。

 

かなり出づらい代わりに、人気カードの旧枠FOILはかなりの高額で取引されることになりそうですね(^^)

 時のらせんリマスター「旧枠カード」一覧はこちら
 MTG「時のらせんリマスター」関連記事一覧はこちら

 MTG「パイオニアチャレンジャーデッキ」最新記事一覧

【MTG「パイオニアチャレンジャーデッキ2021」最安価格ランキング】

種類  最安  2位  3位 備考
4種アソート 16,280円(送料無料) 19,400円(送料600円) 22,000円(送料無料) 4種アソート、定価22,000円
個別販売 4,380円(送料無料) 5,040円(送料無料) 5,500円(送料無料) 4種アソート、定価22,000円

パイオニア環境のチャレンジャーデッキが発売!

【MTG「パイオニアチャレンジャーデッキ2021」収録デッキリスト一覧】


【スポンサーリンク】

2件のコメント

  • パックの値段が高いとはいえ、コレクターブースターの出る前のレアfoil封入率と同じ様な確率と考えるとちょっと値段つきすぎじゃないかと思います

    • くろきち

      時のらせんリマスターの生産数×一部の人気カードの高い需要×封入率の低さで、一部カードがかなりの高額になっているようですね。
      ただ、初動価格はかなり高額になりやすいので、一部の超人気カードを除いては値下がりするような気もしますね。

コメントを残す




CAPTCHA