《深淵への覗き込み》カード評価・採用デッキ・関連ルール情報まとめ



深淵への覗き込み(Peer into the Abyss)基本セット2021・日本語版

MTG「基本セット2021」の初出カード

深淵への覗き込み

のカード評価・採用デッキ・関連ルールをまとめるページです。

《深淵への覗き込み》カード評価

カードテキスト

ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーにあるカードの枚数の半分に等しい枚数のカードを引き、自分のライフの半分を失う。それぞれの端数は切り上げる。


《深淵への覗き込み》の採用デッキレシピ情報

2020年 紹介デッキレシピ

デッキ名 環境(使用可能セット) 成績 使用者
アビスコンボ スタンダード(GRN/RNA/WAR/M20/ELD/THB/IKO/M21) トスカ式ゲームライフ 様 紹介 トスカ式ゲームライフ

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら

《深淵への覗き込み》関連ルール情報(リリースノート)

  • 端数を切り上げるのは失うライフの量である。残りのライフ総量ではない。たとえば、対象のプレイヤーのライフが7点であれば、そのプレイヤーは4点のライフを失い、残りのライフは3点になる。同様に、引くカードの枚数を切り上げる。ライブラリーに残すカードの枚数ではない。
  • カードを引くには、プレイヤーはまず何枚のカードを引くのかを決定し、その後でその枚数を引く。このイベントは変更される可能性がある。実際には異なる枚数のカードが引かれるかもしれない。

 MTG「基本セット2021」収録カードリスト情報まとめ
 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ

拡張アート仕様のバスリ・ケト(基本セット2021) 時の支配者テフェリー(拡張アート仕様) 死者を目覚めさせる者、リリアナ(Liliana, Waker of the Dead)基本セット2021 拡張アート仕様の《炎の心、チャンドラ》基本セット2021 ボーダーレス版の精霊龍、ウギン(Ugin, The Spirit Dragon)基本セット2021・日本語版 解き放たれた者、ガラク(拡張アート仕様)基本セット2021

 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ


【スポンサーリンク】

コメントを残す




CAPTCHA