《忍耐の偶像》カード評価・採用デッキ・関連ルール情報まとめ



忍耐の偶像(Idol of Endurance)基本セット2021

MTG「基本セット2021」の初出カード

忍耐の偶像

のカード評価・採用デッキ・関連ルールをまとめるページです。

《忍耐の偶像》カード評価

カードテキスト

アーティファクト
忍耐の偶像が戦場に出たとき、あなたの墓地から点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー・カードをすべて、忍耐の偶像が戦場を離れるまで追放する。
{1}{W}, {T}:ターン終了時まで、あなたは忍耐の偶像によって追放されたカードの中からクリーチャー・呪文1つを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


《忍耐の偶像》の採用デッキレシピ情報

2020年 紹介デッキレシピ

デッキ名 環境(使用可能セット) 成績 使用者

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら

《忍耐の偶像》関連ルール情報(リリースノート)

  • 追放されたカードは、《忍耐の偶像》が戦場を離れた直後に墓地に戻る。それ以前に追放領域を離れたカード(たとえば、《忍耐の偶像》の2つ目の能力によって唱えられたカード)は、現在の領域にとどまる。
  • プレイヤーの墓地にあるカードのマナ・コストに{X}が含まれているなら、Xは0として扱う。
  • 《忍耐の偶像》の最後の能力は、それらのクリーチャー・呪文を唱えられるタイミングを変更しない。通常、これはあなたのメイン・フェイズでスタックが空のときを意味するが、瞬速を持つクリーチャー・呪文は他のタイミングでも唱えることができる。
  • 「マナ・コストを支払うことなく」呪文を唱えるなら、代替コストの支払いを選択することはできない。しかし、追加コストを支払うことはできる。カードに唱えるために必要な追加コストがあるなら、その呪文を唱えるためにはそれらを支払わなければならない。
  • 呪文のマナ・コストに{X}が含まれるなら、マナ・コストを支払うことなくそれを唱えるときには、Xの値として0を選ばなければならない。
  • 《忍耐の偶像》の最後の能力によって呪文を唱えると、それは新しいオブジェクトになる。それが追放領域に戻ったとしても、それは《忍耐の偶像》によって追放されていないので、《忍耐の偶像》が戦場を離れても墓地に戻らない。

 MTG「基本セット2021」収録カードリスト情報まとめ
 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ

拡張アート仕様のバスリ・ケト(基本セット2021) 時の支配者テフェリー(拡張アート仕様) 死者を目覚めさせる者、リリアナ(Liliana, Waker of the Dead)基本セット2021 拡張アート仕様の《炎の心、チャンドラ》基本セット2021 ボーダーレス版の精霊龍、ウギン(Ugin, The Spirit Dragon)基本セット2021・日本語版 解き放たれた者、ガラク(拡張アート仕様)基本セット2021

 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ


【スポンサーリンク】

コメントを残す




CAPTCHA