《崇高な天啓》カード評価・採用デッキ・関連ルール情報まとめ



崇高な天啓(Sublime Epiphany)基本セット2021

MTG「基本セット2021」の初出カード

崇高な天啓

のカード評価・採用デッキ・関連ルールをまとめるページです。

《崇高な天啓》カード評価

カードテキスト

インスタント
以下から1つ以上を選ぶ。
・呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
・起動型か誘発型である能力1つを対象とし、それを打ち消す。
・土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
・あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それのコピーであるトークンを1体生成する。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚引く。


《崇高な天啓》の採用デッキレシピ情報

2020年 紹介デッキレシピ

デッキ名 環境(使用可能セット) 成績 使用者
エスパー・ニアンビ・バウンス スタンダード(GRN/RNA/WAR/M20/ELD/THB/IKO/M21) MONO BLACK MAGIC 様 紹介 MONO BLACK MAGIC
ジェスカイ変身 スタンダード(GRN/RNA/WAR/M20/ELD/THB/IKO/M21) 村雨猛 様 紹介 村雨猛
《崇高な天啓》×《難破船の探知者》コンボ スタンダード(GRN/RNA/WAR/M20/ELD/THB/IKO/M21) ラウリー【MTG】様 紹介 ラウリー【MTG】

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら

《崇高な天啓》関連ルール情報(リリースノート)

  • 1つのモードを2回以上選ぶことはできない。
  • いずれかの対象が不適正になっても、残りの対象は該当する影響を受ける。
  • モードを2つ以上選んだなら、それらのモードを記載されている順番で行う。たとえば、「呪文1つを対象とし、それを打ち消す。」と「土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。」と「プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚引く。」を選んだなら、そのパーマネントはその呪文が打ち消されている間に戦場にある(よって、そのイベントを変更したり、それに影響を与えたり、それによって誘発型能力が誘発したりする可能性がある)が、それはそのプレイヤーがカードを引いている間は戦場にない。
  • 《崇高な天啓》の2つ目のモードは、すでにスタック上にある起動型や誘発型の能力のみを打ち消す。そのターン、後になって能力が起動されたり誘発したりすることを妨げない。また、常在型能力にも影響しない。
  • 起動型能力は「[コスト]:[効果]」の形で書かれている。起動型能力を表すキーワード能力(たとえば、装備)もある。それらは注釈文にコロンを含む。
  • 誘発型能力は「~とき」、「~たび」、「~時に」という表現を用いて、通常「[誘発条件]、[効果]」の形で書かれている。誘発型能力を表すキーワード能力(たとえば、果敢)もある。それらは注釈文に「~とき、」「~たび、」「~時に、」と書かれている。
  • パーマネントが「タップ状態で戦場に出る」や「カウンターが置かれた状態で戦場に出る」のような置換効果を生成する能力は打ち消されない。「[このクリーチャー]が戦場に出るに際し」適用される能力も置換効果であり、打ち消されない。
  • 《崇高な天啓》の2つ目のモードは、起動型や誘発型のマナ能力を打ち消すことはできない。起動型マナ能力とは、解決時にプレイヤーのマナ・プールにマナを加え、対象を取らず、忠誠度能力でないもののことである。誘発型マナ能力とは、解決時にプレイヤーのマナ・プールにマナを加え、起動型マナ能力によって誘発するもののことである。
  • 「次の」特定のステップかフェイズの開始時に誘発する遅延誘発型能力を打ち消したなら、その能力は、その次のそのステップやフェイズに再び誘発しない。
  • 3つ目と4つ目のモードを選び、両方であなたがコントロールしている同じクリーチャーを対象としたなら、あなたはそれを戻し、その後それのコピーであるトークンを、それが戦場にあった最後のときのコピー可能な値を用いて生成することになる。なぜなら、対象が適正であるかどうかのチェックは、呪文の解決が始まる時点でのみ、処理を行う以前に行うからである。
  • トークンはそのクリーチャーに書かれていることをそのままコピーするが、それ以外のことはコピーしない(そのクリーチャーがトークンであったり、別の何かをコピーしていたりする場合を除く。その場合については後述)。それはそのクリーチャーがタップ状態であるかアンタップ状態であるか、その上にカウンターが置かれているかどうか、オーラや装備品がつけられているかどうかをコピーしない。また、パワー、タフネス、タイプ、色などを変化させるコピー効果でない効果もコピーしない。
  • コピー元のクリーチャーがトークンであるなら、《崇高な天啓》によって生成されるトークンは、コピー元のトークンを生成した効果に記されている元の特性をコピーする。
  • コピー元のクリーチャーが他の何かをコピーしている場合は、トークンはそのクリーチャーがコピーしているものとなって戦場に出る。
  • コピー元のクリーチャーのマナ・コストに{X}が含まれている場合は、Xは0として扱う。
  • コピー元のクリーチャーの戦場に出たときに誘発する能力は、このトークンが戦場に出たときにも誘発する。コピー元のクリーチャーが持つ「[このクリーチャー]が戦場に出るに際し」や「[このクリーチャー]は~状態で戦場に出る」の能力も機能する。

 MTG「基本セット2021」収録カードリスト情報まとめ
 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ

拡張アート仕様のバスリ・ケト(基本セット2021) 時の支配者テフェリー(拡張アート仕様) 死者を目覚めさせる者、リリアナ(Liliana, Waker of the Dead)基本セット2021 拡張アート仕様の《炎の心、チャンドラ》基本セット2021 ボーダーレス版の精霊龍、ウギン(Ugin, The Spirit Dragon)基本セット2021・日本語版 解き放たれた者、ガラク(拡張アート仕様)基本セット2021

 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ


【スポンサーリンク】

コメントを残す




CAPTCHA