《人目を引く詮索者》カード評価・採用デッキ・関連ルール情報まとめ



人目を引く詮索者(Conspicuous Snoop)基本セット2021

MTG「基本セット2021」の初出カード

人目を引く詮索者

のカード評価・採用デッキ・関連ルールをまとめるページです。

《人目を引く詮索者》カード評価

カードテキスト

クリーチャー ― ゴブリン・ならず者
2/2
あなたのライブラリーの一番上のカードを公開したままプレイする。
あなたはあなたのライブラリーの一番上からゴブリン・呪文を唱えてもよい。
あなたのライブラリーの一番上のカードがゴブリン・カードであるかぎり、人目を引く詮索者はそのカードの起動型能力をすべて持つ。


《人目を引く詮索者》の採用デッキレシピ情報

2020年 紹介デッキレシピ

デッキ名 環境(使用可能セット) 成績 使用者

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら

《人目を引く詮索者》関連ルール情報(リリースノート)

  • あなたのライブラリーの一番上のカードが、呪文を唱えたり土地をプレイしたり能力を起動したりする間に変わったとしても、あなたはそれが終わるまで新たな一番上のカードを公開しない。これは、あなたがあなたのライブラリーの一番上のカードを唱えたとしても、その呪文のコストを支払い終えるまで、あなたが次のカードを見られないことを意味する。一番上のカードが公開されていないときには、《人目を引く詮索者》はそのカードの能力を持たない。
    ライブラリーから唱えるゴブリン・呪文の通常のタイミングの許諾や制限に従わなければならない。
  • ライブラリーから唱えるゴブリン・呪文のコストは、追加コストを含めてすべて支払う。代替コストを支払ってもよい。
  • 起動型能力とはコロン(:)を含むものである。それは通常「[コスト]:[効果]」の形で書かれている。起動型能力を表すキーワード能力もある。それらは注釈文にコロンを含む。
  • あなたのライブラリーの一番上にあるゴブリン・カードの起動型能力が、そのカードの名前によってそのカード自身を参照している場合には、代わりに、その能力が名前によってその《人目を引く詮索者》を参照しているものとして扱う。たとえば、《人目を引く詮索者》が《無作法な挑発者》の能力を持っているなら、《無作法な挑発者》ではなく《人目を引く詮索者》が格闘を行う。
  • 《人目を引く詮索者》が、一連の関連している起動型能力(たとえば、カードを追放する能力と、そのオブジェクト「により追放された」(「~によって追放された」や「~によって追放されている」のように訳されている場合もある)カードを参照する能力)を得たなら、その関連は、《人目を引く詮索者》がそれらの能力を持っている間のみ持続する。その能力を失い、その後再びそれらを得ても、その関連は失われている。

 MTG「基本セット2021」収録カードリスト情報まとめ
 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ

拡張アート仕様のバスリ・ケト(基本セット2021) 時の支配者テフェリー(拡張アート仕様) 死者を目覚めさせる者、リリアナ(Liliana, Waker of the Dead)基本セット2021 拡張アート仕様の《炎の心、チャンドラ》基本セット2021 ボーダーレス版の精霊龍、ウギン(Ugin, The Spirit Dragon)基本セット2021・日本語版 解き放たれた者、ガラク(拡張アート仕様)基本セット2021

 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ

 MTG「ゼンディカーの夜明け」の関連記事一覧はこちら
 MTG「ゼンディカーの夜明け」収録カードリストまとめ

MTG「ゼンディカーの夜明け」収録カードリスト情報まとめ


【スポンサーリンク】

コメントを残す




CAPTCHA