《一斉噴火》カード評価・採用デッキ・関連ルール情報まとめ



一斉噴火(Volcanic Salvo)基本セット2021

MTG「基本セット2021」の初出カード

一斉噴火

のカード評価・採用デッキ・関連ルールをまとめるページです。

《一斉噴火》カード評価

カードテキスト

ソーサリー
この呪文を唱えるためのコストは{X}少なくなる。Xはあなたがコントロールしているクリーチャーのパワーの合計に等しい。
クリーチャーやプレインズウォーカー合わせて最大2体を対象とする。一斉噴火はそれらにそれぞれ6点のダメージを与える。


《一斉噴火》の採用デッキレシピ情報

2020年 紹介デッキレシピ

デッキ名 環境(使用可能セット) 成績 使用者

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら

《一斉噴火》関連ルール情報(リリースノート)

  • 呪文の総コストを決定するには、あなたが支払うマナ・コストか代替コストにコストの増加を加え、その後コストの減少(たとえば、《一斉噴火》によるもの)を適用する。呪文を唱えるための総コストがどうなっても、点数で見たマナ・コストは変わらない。
  • コストの減少は、《一斉噴火》のコストの中の不特定マナにのみ適用される。{R}{R}の要求を減らすことはできない。
  • あなたが《一斉噴火》を唱え始めた後は、あなたがそれを唱え終わるまで、プレイヤーは他の処理を行うことができない。特に、プレイヤーがあなたのクリーチャーのパワーの合計を変えるよう試みることはできない。
  • 《一斉噴火》を唱えるための総コストは、そのコストを支払う以前に固定される。たとえば、あなたが2/2のクリーチャーを3体コントロールしていて、そのうち1体は生け贄に捧げることであなたのマナ・プールに{C}を加えることができるとする。総コストは{4}{R}{R}である。その後あなたは、コストを支払う直前にマナ能力を起動するときに、そのクリーチャーを生け贄に捧げることができる。
  • クリーチャーのパワーが何らかの理由により0未満になっていたなら、それはあなたの他のクリーチャーのパワーの合計を減らす。あなたのクリーチャーのパワーの合計が0以下であったとしても、コストは{10}{R}{R}のままである。
  • あなたは同じクリーチャーかプレインズウォーカーを2回《一斉噴火》の対象として、それに12点のダメージを与えるということはできない。

 MTG「基本セット2021」収録カードリスト情報まとめ
 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ

拡張アート仕様のバスリ・ケト(基本セット2021) 時の支配者テフェリー(拡張アート仕様) 死者を目覚めさせる者、リリアナ(Liliana, Waker of the Dead)基本セット2021 拡張アート仕様の《炎の心、チャンドラ》基本セット2021 ボーダーレス版の精霊龍、ウギン(Ugin, The Spirit Dragon)基本セット2021・日本語版 解き放たれた者、ガラク(拡張アート仕様)基本セット2021

 MTG「基本セット2021」特殊パラレルカード一覧まとめ

 MTG「ゼンディカーの夜明け」の関連記事一覧はこちら
 MTG「ゼンディカーの夜明け」収録カードリストまとめ

MTG「ゼンディカーの夜明け」収録カードリスト情報まとめ


【スポンサーリンク】

コメントを残す




CAPTCHA