【ラヴニカの献身】12/18新規公開のコモン&アンコモン一覧まとめ!ラクドスのキーワード能力「絢爛」が公開!



【ラヴニカの献身】12/18新規公開のコモン&アンコモン一覧まとめ!

このページでは、2018年12月18日に新規公開された

ラヴニカの献身のコモン&アンコモン

のカードを一覧で掲載しています(^^)

門の巨像(Gate Colossus)

門の巨像(Gate Colossus)ラヴニカの献身・マジック・リーグプロモ
(上記のカードは「マジック・リーグ」プロモ版です。)

垂木の悪魔(Rafter Demon)

垂木の悪魔(Rafter Demon)ラヴニカの献身

キーワード能力「絢爛(Spectacle)」について

以下、公式サイトより引用。

民衆が自身を制御しようとしていないかは定かではありませんが、さすがにラクドス教団ほどではありません。彼らはショーマンシップと暴力と無秩序が混ざった、混沌としたスムージーのような集団です。さあさあ、坊やも一気に飲み干して。その絢爛さを味わってください。

リックス・マーディの歓楽者(Rix Maadi Reveler)ラヴニカの献身 垂木の悪魔(Rafter Demon)ラヴニカの献身

ラクドスの新キーワード能力「絢爛」は、呪文に代替コストを与えます。そのターンに対戦相手がライフを失っていたなら、あなたは呪文を絢爛コストで唱えることができます。絢爛コストは、対戦相手のライフを減らした報酬として元のコストより軽くなるものもあれば、《リックス・マーディの歓楽者》や《垂木の悪魔》のように、コストが重くなる代わりに追加効果を発揮するものもあります。なお対戦相手がライフを失っていても、絢爛コストの支払いは任意です。

対戦相手がライフを失う方法はいくつかあります。ダメージはライフを失わせますし、相手のライフを直接失わせる効果もあります。さらに、相手が何らかの理由でライフを支払った場合も、ライフを失うことに含まれます。そのターン中にライフ総量が減ったなら、ライフを失ったことになるのです。それから、相手が同じターン中にライフを得ることもありますが、それにより絢爛コストで呪文を唱えることができなくなるわけではないので、ご注意ください。例えば、残りライフ12点の相手が3点のダメージを受けたとします。その後そのターン中に5点のライフを得ても、あなたは絢爛コストで呪文を唱えることができます。

ただし絢爛を持つ呪文も、唱えられるタイミングは変わりません。対戦相手がライフを失ったからといって、上記のようなカードを好き勝手に唱えていいわけではないのです。瞬速を持たないクリーチャーは、他に何かない限りメイン・フェイズでのみ唱えることができます。

リックス・マーディの歓楽者(Rix Maadi Reveler)ラヴニカの献身

また絢爛コストで唱えても、その呪文のマナ・コストや点数で見たマナ・コストは変わりません。通常のコストで唱えても絢爛コストで唱えても、《リックス・マーディの歓楽者》の点数で見たマナ・コストは2です。そして、対戦相手が失ったライフの点数や、ライフを失った対戦相手の人数も関係ありません。絢爛コストは一定です。

ラクドスが愛するものといえば、チケットの売り上げです。しっかりナイフを研いで、保険を更新しておきましょう。サーカスがやって来ますよ。

まとめ

【ラヴニカの献身】血の墓所(Blood Crypt)の新規アート

新カードの情報は随時追記していきます(^^)

また、これまでに公開されたカードの情報は下記リンク先の記事にて一覧掲載しています!

 MTG「ラヴニカの献身」の関連記事一覧はこちら
 MTG「ラヴニカの献身」の収録カードリスト情報はこちら

アゾリウスの造反者、ラヴィニア(Lavinia, Azorius Renegade)ラヴニカの献身・ラヴニカ・ウィークエンドプロモ リックス・マーディの歓楽者(Rix Maadi Reveler)ラヴニカの献身


【スポンサーリンク】

コメントを残す