MTG「ドミナリア」バンドル開封結果報告!バンドルの限定封入物(土地パックや20面ダイスなど)も紹介!



この記事では、2018年4月27日発売の

ドミナリア「バンドル」の開封結果

について、土地パックや20面ダイス等の限定封入物も含めて紹介しています!

こちらがバンドルの限定封入物です!ドミナリアの英語版ブースター10パックに加え、

  • 土地パック(基本土地80枚セット)
  • 20面ダイス
  • プレイヤーズガイド(特製ブックレット)
  • カード収納用ストレージボックス

などがセットになっています。

個人的には、カード収納に便利なストレージボックスがお気に入りです(^^)

それでは、早速パックを開封!

1パック目!レアは「豊潤の声、シャライ(Shalai, Voice of Plenty)」でした!

2パック目!レアは「森の目覚め(Sylvan Awakening)」が出現!

過去に登場した土地をクリーチャー化するカードと比較して、かなり優秀な感じがしますね(^^)

3パック目!レアは「ベルゼンロック典礼(Rite of Belzenlok)」でした!

4パック目!レア枠より「陰謀団の要塞(Cabal Stronghold)」が出現!アンコFOILの「艦の整備士、ティアナ(Tiana, Ship’s Caretaker)」も美しいです(^^)

5パック目!レア枠は「カーンの経時隔離(Karn’s Temporal Sundering)」でした!

6パック目のレアは「双頭巨人(Two-headed Giant)」でした。

7パック目!マナが続く限り無限増殖できるアーティファクト・クリーチャー「ミシュラの自己複製機械(Mishra’s Self-Replicator)」が出現!

この平地の美しさは異常。。。美しい。

8パック目!レアは赤緑伝説の「総将軍ラーダ(Grand Warlord Radha)」でした!

現時点では評価低めですが、スペックは結構高いと思う。

9パック目!レアは「縄張り持ちのアロサウルス(Territorial Allosaurus)」でした!

基本スペックは高いですが、キッカー・コストがやや重いですかね。

ラスト10パック目は「反復の学部長、ナバン(Naban, Dean of Iteration)」でした!

優秀な相方のウィザードに恵まれれば、スタンダードのウィザードデッキの柱になるかも?

以上、

MTG「ドミナリア」バンドル開封結果報告!

でした(^^)

目玉カードはおろか、神話レアが1枚もなかったのでちょっと期待はずれのバンドルでしたね(^^;)

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG「ドミナリア」の収録カードリスト情報はこちら

ウルザの後継、カーン(Karn, Scion of Urza)ドミナリア・日本語版 黎明をもたらす者ライラ(Lyra Dawnbringer)ドミナリア・日本語版


コメントを残す