【MTGデッキ】《這い回るやせ地》の採用デッキレシピ情報まとめ



這い回るやせ地(Crawling Barrens)

MTG「ゼンディカーの夜明け」初出のカード

這い回るやせ地

の採用デッキレシピ情報をまとめます。

《這い回るやせ地》の採用デッキレシピ情報

2020年 紹介デッキレシピ

デッキ名 環境(使用可能セット) 成績 使用者
赤単《石成エンジン》バーン スタンダード(ELD/THB/IKO/M21/ZNR) 村雨猛 様 紹介 村雨猛
白単コントロール(運命の天使) スタンダード(ELD/THB/IKO/M21/ZNR) 村雨猛 様 紹介 村雨猛
青単《見捨てられた碑》 スタンダード(ELD/THB/IKO/M21/ZNR) MONO BLACK MAGIC様 紹介 MONO BLACK MAGIC

《這い回るやせ地》関連ルール情報(リリースノート)

  • 《這い回るやせ地》の2つ目の能力は、そこれがすでにクリーチャーであっても起動できる。
  • 《這い回るやせ地》の上に置かれているカウンターは、これがクリーチャーでなくなってもそのまま残る。後でこれがクリーチャーになったなら、それらのカウンターが適用されることになる。
  • 《這い回るやせ地》がすでにクリーチャーでないかぎり、これの2つ目の能力はクリーチャーでない土地の上に+1/+1カウンターを置くことになる。あなたがコントロールしているクリーチャーの上にカウンターが置かれることに適用されたり、そのときに誘発したりする能力は、適用されたり誘発したりしない。
  • クリーチャーでないパーマネントがクリーチャーになったなら、それのコントローラーの一番最近のターンの開始時からそのプレイヤーがそのパーマネントを続けてコントロールしていた場合にのみ、それで攻撃したりそれの{T}能力を起動したりできる。そのパーマネントがいつからクリーチャーであったのかには関係ない。

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG「ゼンディカーの夜明け」の全収録カード一覧はこちら

影さす太枝のニッサ(Nissa of Shadowed Boughs)ゼンディカーの夜明け 鏡映魔道士、ジェイス(Jace, Mirror Mage)ゼンディカーの夜明け 古代を継ぐ者、ナヒリ(Nahiri, Heir of the Ancients)ゼンディカーの夜明け ボーダーレス版の影さす太枝のニッサ(Nissa of Shadowed Boughs) ボーダーレス版:鏡映魔道士、ジェイス(Jace, Mirror Mage)ゼンディカーの夜明け ボーダーレス版:古代を継ぐ者、ナヒリ(Nahiri, Heir of the Ancients)ゼンディカーの夜明け

 ゼンディカーの夜明け「エクスペディション土地」一覧まとめ

【ボックストッパー】ゼンディカーの夜明け「エクスペディション・ボックストッパー」一覧まとめ!全30種の人気土地が収録!


【スポンサーリンク】

コメントを残す




CAPTCHA