【MTGデッキ】《バーラ・ゲドの復活》の採用デッキレシピ情報まとめ



バーラ・ゲドの復活(Bala Ged Recovery)

MTG「ゼンディカーの夜明け」初出のカード

バーラ・ゲドの復活

の採用デッキレシピ情報をまとめます。

《バーラ・ゲドの復活》の採用デッキレシピ情報

2020年 紹介デッキレシピ

デッキ名 環境(使用可能セット) 成績 使用者
著大化した《火刃の突撃者》 スタンダード(ELD/THB/IKO/M21/ZNR) MONO BLACK MAGIC様 紹介 MONO BLACK MAGIC

《バーラ・ゲドの復活》関連ルール情報(リリースノート)

両面カードに関する一般的な情報

  • 両面カードの各面は、それ自体の一連の特性、つまり名前、タイプ、サブタイプ、能力などを持つ。両面カードがスタックか戦場にある間は、その時点で表向きになっている面の特性のみを考慮する。他の面の特性は無視する。
  • 両面カードがスタックや戦場にない間は、第1面の特性のみを考慮する。たとえば、上記のカードは、墓地の中では《セジーリの防護》の特性のみを持つ。それが墓地に置かれる直前に《セジーリの氷河》として戦場にあったとしても関係ない。特にこれは、《セジーリの防護》のカードは、土地としてプレイできるが土地でないカードである、ということを意味する。
  • 効果が両面カードを戦場に出すなら、それは第1面を表向きにして戦場に出る。第1面を戦場に出すことができないなら、それは戦場に出ない。たとえば、効果が《セジーリの氷河》を追放して戦場に戻すなら、それは追放領域に残る。なぜなら、インスタントは戦場に出ることができないからである。
  • 効果がプレイヤーにカード名1つを選ぶように指示したなら、どちらの面の名前も選んでよい。その効果か関連している能力が、その選ばれた名前の呪文が唱えられたことや、その選ばれた名前の土地がプレイされたことを参照するなら、それはその選ばれた名前のみを考慮する。他の面の名前は考慮しない。
  • 統率者変種ルールでは、両面カードの固有色は両方の面のマナ・コストとルール・テキストにあるマナ・シンボルによって決まる。いずれかの面に色指標や基本土地タイプがあれば、それらも考慮する。
  • 両面カードの一方または両方の面には、他の面に関する注釈が記載されている場合がある。この注釈文はゲームに影響しない。
  • 各両面カードには、各面の左上にアイコンがある。このセットのモードを持つ両面カードでは、これらのアイコンは第1面が1個の三角形、第2面が2個の三角形である。このアイコンはゲームに影響しない。

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG「ゼンディカーの夜明け」の全収録カード一覧はこちら

影さす太枝のニッサ(Nissa of Shadowed Boughs)ゼンディカーの夜明け 鏡映魔道士、ジェイス(Jace, Mirror Mage)ゼンディカーの夜明け 古代を継ぐ者、ナヒリ(Nahiri, Heir of the Ancients)ゼンディカーの夜明け ボーダーレス版の影さす太枝のニッサ(Nissa of Shadowed Boughs) ボーダーレス版:鏡映魔道士、ジェイス(Jace, Mirror Mage)ゼンディカーの夜明け ボーダーレス版:古代を継ぐ者、ナヒリ(Nahiri, Heir of the Ancients)ゼンディカーの夜明け

 ゼンディカーの夜明け「エクスペディション土地」一覧まとめ

【ボックストッパー】ゼンディカーの夜明け「エクスペディション・ボックストッパー」一覧まとめ!全30種の人気土地が収録!


【スポンサーリンク】

コメントを残す




CAPTCHA