【翻訳】サイドボードの5つの罠!モダン構築のサイドに引っ張りだこな5枚のカードをLuis Scott-Vargas氏がぶった切る!



【翻訳】サイドボードの5つの罠!構築のサイドに引っ張りだこな5枚のカードをLuis Scott-Vargas氏がぶった切る!

海外の有名サイト「Channel Fireball」に掲載された

TOP 5 SIDEBOARDING TRAPS(サイドボードの5つの罠)

という記事を和訳しました!

殿堂プレイヤーのLuis Scott-Vargas氏によるサイドボーディングに関する記事となっています。

Without further ado, here's my list of the Top 5 Sideboarding Traps. To be clear, I'm not saying that these cards should never appear in your sideboard, but that you should be very deliberate with why you want them, as these are the cards that people tend to go wildly overboard with.

難しい話は抜きにして、以下に示す5つのカードが私が考える「サイドボードの5つの罠」のリストです。

まずはっきりさせておきたいのは、私はこれらのカードがあなたのサイドボードに決して現れてはいけないと言っているわけではありません。

しかしながら、これらは多くの人があまり考えることなくサイドボードに突込みがちなカードの代表であり、あなたはそれらをサイドに入れる理由について熟考すべきです。

5) 神聖の力線(Leyline of Sanctity)

神聖の力線

People *love* siding in Leyline, because when it works, it's free and it hoses tons of cards of the opponent. Where this goes wrong is when it doesn't actually hose a ton of cards, and in fact, maybe hoses 4-8. That's not a good ratio, and unless your deck is fast combo, you likely don't want Leyline against decks like Grixis or Jund.

人々は「神聖の力線」をサイドに入れることが大好きです。なぜなら、上手く機能すれば、「神聖の力線」はノーコストで戦場に出せ、しかも対戦相手の多くのカードを封殺するからです。

しかしながら、実際には「神聖の力線」が相手の大量のカードを封殺することはほとんど無く、実際は4~8枚のカードを封殺する程度のことがほとんどです。

それは良い比率ではありませんし、あなたのデッキが速いコンボ等でない限り、グリクシスやジャンドのようなデッキへの対抗手段として「神聖の力線」は最適解ではない可能性が高いでしょう。

4) 血染めの月(Blood Moon)

It's gotten to the point where I almost refuse to stream with Blood Moon in my sideboard, because chat howls for (at?) the Moon every time. There are matchups where Blood Moon is good, but those are limited to big mana decks like Tron and midrange decks without basics, which are few and far between. Don't board in Moon against decks just hoping to mise them, because one or two fetches later and you won't be successful.

私はサイドボードに「血染めの月」を大量に突っ込むことはほとんどしません。

たしかに「血染めの月」が有利に機能するマッチアップはありますが、基本土地がほとんど入らないトロンやミッドレンジデッキのようなビッグマナ・デッキに限られています。これらのデッキには、それほど多く遭遇するわけではありません。

それらに対抗する手段だけのために、「血染めの月」をサイドボードに入れることはおすすめできません。なぜなら、遅れた1~2枚のフェッチが、逆にあなたの首を絞めるかもしれないからです。

3) 虚空の杯(Chalice of the Void)

虚空の杯(Chalice of the Void)マスターズ25

This is incredibly effective against combo, and very clunky as a way to just hose 1-drops. Where I especially don't like it, and where it often is used incorrectly, is against aggressive decks without many ways to play it turn one. It might cut off Wild Nacatl and Goblin Guide, but that doesn't do much when they hit the board already and you're at 10.

「虚空の杯」はコンボに対して非常に効果的であり、1マナ域のカードを封殺する方法としても非常に有効です。

私の、このカードの好きではない使われ方 – このカードがしばしば誤って使われるところでもある – は、「虚空の杯」を1ターン目に置く手段を多く持つことなく、アグレッシブなデッキへの対抗手段として使ってしまうケースです。

それは「野生のナカティル」や「ゴブリンの先達」を切り捨てるかもしれませんが、それらがすでに動き始めており、あなたのライフがすでに10点になった時点では、あまり意味は無いのです。

2) 真髄の針(Pithing Needle) // 魔術遠眼鏡(Sorcerous Spyglass)

Spyglass is even more tempting than Needle, because it never misses, but both of these cards don't have as wide an application as people think. They are very effective against specific effects, but please don't slam them against decks where you are just hoping to name random stuff they might have.

「魔術遠眼鏡」は、失敗がありえないという点で「真髄の針」よりも魅力的ですが、これらのカードはどちらも多くの人が思うほど広い用途を持っていません。

彼らは特定の効果に対して非常に効果的ですが、「相手が持っているかもしれない」という理由でランダムなカード名とともに戦場に叩きつけるのはやめましょう。

1) 外科的摘出(Surgical Extraction)

Surgical is the greatest of all time in the boarded incorrectly category, as people LOVE to slam it and take all of the opponent's Remands, or Tarmogoyfs, or whatever good card they see. Yes, this card is great against graveyard decks, but for the love of Jace, please don't play this as a value card. I know it's free, and I know it's satisfying, but it's such a trap and it seems like nobody can resist it.

「外科的摘出」は、対戦相手の「差し戻し」や「タルモゴイフ」などの相手のグッドカードに対して叩きつけるのがとても気持ちいいので、誤ってサイドボードに入れられやすいカードの代表例です。

はい、このカードは墓地を活用するデッキに対してとても優れた対抗手段です。しかし、ジェイスへの愛(相手のジェイスを根絶やしにする気持ちよさ?)のために、これを価値の有るカードのように誤用しないでください。

私はそれがフリープレイでき、あなたに大きな満足感をもたらすことも知っています。しかしながら、その快感こそがまさに、誰もが抗えない「罠」なのです。

まとめ

I'll expand on this list later, but for now, these are the five biggest sideboarding traps - don't get caught.

後々、このリストを追加するかもしれませんが、今はこれらの5枚のカードを「サイドボードの5つの罠」として挙げます。引っかからないように、ご注意を!

モダン構築のサイドボーディングを見直すきっかけになる良記事となっています(^^)

※日本語訳は可能な限りしっかり調べて行っていますが、誤訳や意味の取り違えがないとも限りません。もし、違和感を感じた翻訳箇所があれば、日本語訳の前に付いている元の英語文をしっかりとご確認ください。

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG FAN – トップページ


【スポンサーリンク】

コメントを残す