【福袋】MTG「2020年 ドラゴンスター日本橋2号店 福袋(1万円)」の開封結果情報をご提供いただきました!



MTG福袋イメージイラスト

当サイトをご覧くださった方より、

2020年 ドラゴンスター日本橋2号店 福袋(1万円)

の開封結果をご提供いただきました!

いつ?:2020年1月2日

どこで?:ドラゴンスター日本橋2号店

いくら?:10000円

開封結果

メッセージ本文:

いつ買ったか?:2020年1月2日
どこで買ったか?:ドラゴンスター日本橋2号店
価格はいくらだったか?:10,000円
どんな収録内容だったか?
商品名:ドラスタ新春お楽しみ袋2020(スタンダード)
商品説明:特殊パック2個+通常パック3個+環境人気カード3枚
内容:
モダンホライズン(ロシア語) 2個(特殊パック枠)
エルドレインの王権(日本語) 1個(通常パック枠)
灯争大戦(日本語) 1個(通常パック枠)
ラヴニカの献身(日本語) 1個(通常パック枠)
厚かましい借り手(英語・通常) 2枚
湿った墓(英語・GRN版) 1枚
感想:
人生で初めて福袋を買いましたが突っ込み所が多かったため投稿します。
まず、スタンダードの福袋を謳いながらなぜ特殊パックがモダンホライズンなのでしょうか。
スタンダードの特殊パックならエルドレインの王権のコレクターブースターか、せめてラヴニカの献身のコレクターブースターだと私は思うのですが…とりあえずスタン民の私には使えません。
次にシングル、まぁ内容は厚かましい借り手の高騰もあってギリギリ8000円いくかなぁというところなんですが、問題はそこではなく、実はシングルが入っていた袋の裏のバーコードに、「税抜き¥1,819+税」の文字が入っているんですよね。
剥がした形跡もないですし、つまり、店として2000円以下で過去のくじなりの企画で売っていたものを福袋に流用しているんですよねこれ。
そうなると福袋をあくまで店が販売している商品のセットとして考えたときの合計金額としては5,000円以下の内容になりますよね…
そうなると、客としては正直年始からがっかりしますよ…
仮に内容は流用だとしても入れ換えてくれていたらこんな気持ちにはならないでしょうに…袋一枚手間ひとつ、なんぼのもんやと思います。
今回は良い勉強になりました。
とりあえず今後はもう、こちらで福袋でお世話になることはないかと思います。
細かいことかも知れませんが、いつもお世話になっていただけに、残念です。
長文、失礼しました。

たしかに、情報提供者様がおっしゃるように、かなり突っ込みどころの多い内容の福袋ですね(^^;)

最近は「福袋」の名称を名乗りながら、普通のオリパレベルの内容のお店も多いため、よっぽど信頼できるお店からでないと買わないほうが懸命なのかもしれないですね。。。

このたびは情報をご提供頂き、まことにありがとうございました!

 MTG「福袋」開封結果情報のまとめ記事はこちら
 MTG FAN – トップページ

MTG シングル5000円以上お買い上げでパックプレゼント中! 予約 【宅急便のみ対応】【2020年福袋(1)】いい年福袋!(パック+シングル)(¥11140)【限定15個】

 MTG「テーロス還魂記」の関連記事一覧はこちら
 MTG「テーロス還魂記」収録カード情報まとめページ

MTG「テーロス還魂記」収録カードリスト情報まとめ


【スポンサーリンク】

2件のコメント

  • 義信

    これで10000は流石に酷すぎる…
    5000円ならまだわかりますが

  • 匿名

    ドラスタは店舗規模が大きくなりすぎたせいか開店当初とは違って良心的な店ではなくなってきているよね。
    目を引く高額買取と立地が恵まれているだけでカード自体も高い。
    特価で安い商品もあるけど管理人米にもあるように信頼を置ける店かというとそうではなくなってきてる。

コメントを残す




CAPTCHA