【イクサランの相克】緑青伝説神話のマーフォーク「Kumera, Tyrant of Orazca」が公開!緑青1で2/4のP/Tを持ち、マーフォークをタップすることで3種の能力を起動可能!※日本語名は「オラーズカの暴君、クメーナ」!



【イクサランの相克】緑青伝説神話のマーフォーク「Kumera, Tyrant of Orazca」が公開!緑青1で2/4のP/Tを持ち、他のマーフォークをタップすることで3種の能力を起動可能!

MTG「イクサランの相克」に神話レアとして収録される伝説のマーフォーク・シャーマン

Kumera, Tyrant of Orazca(オラーズカの暴君、クメーナ)

が公開されました!

Kumera, Tyrant of Orazca(イクサランの相克)

Tap another untapped Merfolk you control: Kumena, Tyrant of Orzca can’t be blocked this turn.

Tap three untapped Merfolk you control: Draw a card.

Tap five untapped Merfolk you control: Put a +1/+1 counter on each Merfolk you control.

(仮訳)

あなたがコントロールする他のアンタップ状態のマーフォーク1体をタップする: このカードはこのターンブロックされない。

あなたがコントロールするアンタップ状態のマーフォーク3体をタップする: カードを1枚引く。

あなたがコントロールするアンタップ状態のマーフォーク5体をタップする: あなたがコントロールするマーフォークの上にそれぞれ+1/+1カウンターを1個ずつ置く。

3マナ2/4の基本ボディに加え、マーフォークをタップすることによって「ブロックされない」「ドロー」「自軍のマーフォーク全体に+1/+1カウンターを付与」の3種の能力を起動できる一枚となっています!


 MTG「イクサランの相克」収録カードリスト情報まとめ
 MTG「イクサランの相克」関連記事一覧

Zetalpa, Primal Dawn(イクサランの相克) 不滅の太陽(イクサランの相克)

【追記】

日本語版カード「オラーズカの暴君、クメーナ」が公開されました!

オラーズカの暴君、クメーナ(イクサランの相克)

MTG公式コメント

部族のロードを作る方法はいくつも存在する。《オラーズカの暴君、クメーナ》はいわば「部族のリソース化」と呼ぶべき方法を取った。部族を強化するのではなく、その部族が多くいればこのカードが強化されるのだ。

 そのための方法はいくつも存在する。(戦場なり墓地なりの)その部族を数える、その部族を生け贄に捧げる、その部族を公開する、その部族を捨てる、墓地からその部族を追放する、そして《オラーズカの暴君、クメーナ》が使ったのは、その部族をタップすることだ。

 この最後の分類が初めて大々的に試みられたのは、『オンスロート』のときだった。初めての部族ブロックを作っていたので、メカニズム的にいろいろな参照方法を試し始めたのだ。この能力は、戦場に特定の部族のクリーチャーを大量に並べることが最も多い白のカードで使われた。実験は成功し、部族のデザインをする場合にはずっと使う道具になったのだ。

 《オラーズカの暴君、クメーナ》では、それぞれ必要とするマーフォークの数が異なる能力を3つ持っているのが新しいところだ。これによって、さまざまなリミテッドのデッキに入れることができ、ゲームの進行に応じて加速する効果を生むことができる。マーフォークを多く使えば、《オラーズカの暴君、クメーナ》のできることも増えるのだ。最初の2つの能力は青が1種色で、最後の能力は緑が1種色だ。

 MTG「イクサランの相克」全収録カードリストはこちら
 MTG「イクサランの相克」の関連記事一覧はこちら


【スポンサーリンク】

コメントを残す