Unstableの赤レアソーサリー「The Countdown Is at One」が公開!残ライブラリーをデッキとしてライフ1でサブゲームを開始!勝てなかったプレイヤーはメインゲームでダメージが倍増!※日本語名は「カウントダウン残り1」!


Unstableの赤レアソーサリー「The Countdown Is at One」が公開!残ライブラリーをデッキとしてライフ1でサブゲームを開始!勝てなかったプレイヤーはメインゲームでダメージが倍増!

MTG「Unstable」にレアで収録される赤のソーサリー

The Countdown Is at One(カウントダウン残り1)

が公開されました!

The Countdown Is at One(アンステイブル)

赤ダブルシンボル合計5マナのソーサリーで、

  • 残りのライブラリーをデッキとみなし、ライフ1でサブゲーム(⇒参考:サブゲームとは?)を行う
  • サブゲームで勝てなかったプレイヤーは、メインゲームに戻った際に受けるプレイヤーダメージが倍増する

効果の一枚となっています。

Jackknight(アンステイブル) Spike, Tournament Grinder(Unstable)

ライフ1でのサブゲームは、火力を有する赤いデッキがかなり有利になりそうですね(^^)

 MTG「Unstable」の収録カードリスト一覧はこちら
 MTG「Unstable」の関連記事一覧はこちら

【追記】

日本語名「カウントダウン残り1」&正式日本語訳が判明しました!

カウントダウン残り1(アンステイブル)

【公式カード解説】

私がやろうとして黒枠セットではできないと言われたこと、という分類のものがどの銀枠セットにも何種類か存在する。その1つが、サブゲームだ。リチャード・ガーフィールド/Richard Garfieldは最初のエキスパンションである『アラビアンナイト』で、プレイヤーに現在のゲームのプレイを止めて別のゲームを始めさせる《Shahrazad》というカードを作った。このサブゲームの勝者は、もとのゲームで有利になるのだ。(ちなみに、リチャードは《Shahrazad》のことを自分のデザインしたカードの中の個人的なお気に入りだと言っている。「千夜一夜物語」を知っていれば、特にフレイバーに満ちているからだ。)

Shahrazad(マジックザギャザリング サブゲーム)

《Shahrazad》は大会ではあらゆる問題を引き起こし(ゲームの時間が長くなるなど)、その結果として禁止された。そして、開発部は黒枠セットにおいてサブゲームは作らないというルールを決めた。そこで、『Unglued』を作るにあたって私は、サブゲームは私が使える場所だということに気がついたのだ。最終的に、私は、本質的にゲームに勝てるようなサブゲームをプレイさせる《Once More with Feeling》を作った。元のゲームに戻らないこれをルール的にサブゲームと呼んでいいかどうかは分からないが、《Shahrazad》の影響を非常に強く受けたものである。

そして、『Unhinged』で、私はもっとサブゲームらしいサブゲームを作りたいと考えた。ゲームが長引かないよう、ライフ5点から始めさせることにした。また、楽しいフレイバーのために、そのサブゲームはテーブルの下でプレイさせることにしたのだ。『Unstable』でもまたサブゲームを作ろうと思ったが、さらに時間がかからないものにしたかったので、〈ダンジョン突入/Enter the Dungeon〉で5点だったライフを1点に減らした。この能力を赤のものにしたのは、最も早くこのサブゲームに勝って有利を得られる色だと感じたからである。フレイバーを〈カウント男爵/Baron Von Count〉とその破滅の日の機械に合わせたのは、ケリーの素晴らしいアイデアだったのだ。

カウント男爵(アンステイブル)

 MTG「Unstable」の収録カードリスト一覧はこちら
 MTG「Unstable」の関連記事一覧はこちら


コメントを残す