MTG「タルキール龍紀伝」収録の黒のカードリストまとめ&一言考察(画像付き)


沼(タルキール龍紀伝 フルアート)

2015年3月27日発売のMTG「タルキール覇王譚」ブロック第3弾となる

タルキール龍紀伝の黒の収録カードリスト

について、カードリストを画像&一言考察付きでまとめました(^^)

WS023434 WS023435 WS023436

 

竜王シルムガルの眷属「シルムガルの解体者」(タルキール龍紀伝)

5マナ3/3で「濫用」による除去を内蔵。

自身を「濫用」して最悪5マナの除去カードとして使用することも可能。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023344.jpg

3マナ1/2の貧弱ボディだが、死亡時に他のクリーチャーカードを回収可能。

チャンプブロックして墓地回収するのが基本か。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023345.jpg

シルムガルの能力「接死」を与えられた戦士。

序盤でもパワー1のクリーチャーに討ち取られちゃうのがやや辛いか。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023346.jpg

黒なのに熊相当(2マナ2/2)かあ。クリーチャーのスペックって本当に変わりましたねえ。

さらにはメリット能力(疾駆)まで付いているという黒らしからぬスペック。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023347.jpg

6マナ4/6バニラ。

大変異を経由すれば5/7にまで自力でサイズアップ可能。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023348.jpg

濫用で2点ドレインを誘発。

自身を「濫用」しても「吸命」相当のスペック(回顧は無いが)。

WS023517

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023349.jpg

3マナ2/2「飛行」ながらブロック不可。

疾駆コストで戦場に出せば火力のような運用も可能。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023350.jpg

1マナ1/1で死亡時に-1/-1を与える。

イラストが怖すぎる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023351.jpg

3マナ2/3で戦場に出た際にお互いにカードを1枚捨てる。

手札0枚、もしくは捨てても損が無いカードを手札に抱えた状態で唱えたいところ。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023352.jpg

4マナ2/3「飛行」の基本スペックに加え、「濫用」で「夜の囁き」を誘発。

WS023208

最悪、自身を「濫用」して4マナのスーサイド・ドロー呪文としてプレイ可能。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023353.jpg

タルキール覇王譚の「うねる塔甲羅」が死亡した姿。

うねる塔甲羅

こっちの世界では10000年生きることは出来なかった模様。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023354.jpg

クリーチャーのパワーを一気に増強し、さらには「絆魂」を付与。

プレイヤーにダメージを通せば、ライフレースで差し引き6点差が付けられる一枚。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023355.jpg

取り扱い注意の毒塗り包丁。

クリーチャーに触れたものを一撃死させる「接死」を付与。

なんでこのフォルムでタフネスまで上がるんだろう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023356.jpg

4マナのマイナス修正除去。

「突然の死」と比べると明らかにリミテッド専用の性能。

WS023518

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023357.jpg

1マナの軽量ドレインだが吸えるライフ量は可変。

1マナなら2点も吸えれば十分、3点吸えればかなりのコスパ。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023358.jpg

墓地のクリーチャーをライブラリートップに置きつつ1ドロー。

1枚だけ戻すと「死者再生」と変わらないので、2枚以上戻せる部分にメリットを見出したい。

WS023519

 

脅迫(MTG タルキール龍紀伝)

黒の定番ハンデス、通称「デュレス」。

その使いやすさは折り紙つき。上手いプレイヤーに使われると以降のプレイングが見透かされている気分になる。

イラスト的に過去のデュレスよりも人気が出そう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023359.jpg

パワーが低いクリーチャー限定の除去。

序盤の露払いには良いが後半は目当てのクリーチャーを破壊できずに歯噛みしそう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023360.jpg

黒の定番ハンデスその2。

ハンド・アドバンテージがとれるのが嬉しい一枚。

 

タルキール龍紀伝の再生持ちスケルトン「マラング川の骸骨」

2マナ1/1「再生」持ちのスケルトン。

大変異を経由すればあなどれないアタッカーにもなれる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS022977.jpg

各色に存在するアンコ・ドラゴンから黒の1枚。

サイクルの他のドラゴンとは「接死」の以外の能力がまったく同じ。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023361.jpg

3マナ2/2の基本スペックに加え、このカードか他のクリーチャーが戦場に出るたびに+2/+2の修正をいずれかのクリーチャーに付与。

疾駆を使えば4マナ4/4「速攻」というかなりのハイスペックに!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023362.jpg

2マナ2/2メリット持ちの黒クリーチャーその2。

戦士をサポートするメリット効果まで持っている。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023363.jpg

3マナ2/3の基本スペックに加え、「濫用」でシルムガルが運命再編の時代に持っていたマイナス修正効果を発動。

青黒の伝説龍「漂う死、シルムガル」(運命再編)

相手の戦場次第ではクリーチャーを一掃することも可能。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023364.jpg

5マナ3/6の「濫用」持ちデーモン。

自身を「濫用」しても5マナ4/4相当になるところが面白いデザイン。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023365.jpg

蛇に多い接死持ち。

タフネスも5と高く、ブロッカーとしてはかなり厄介な存在。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023366.jpg

不定のマイナス修正を与えるX除去。

序盤は軽量クリーチャーを、後半は大型クリーチャーを仕留める。

アドバンテージを取れない点で器用貧乏な印象。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023367.jpg

3マナの布告系除去。

条件達成でライフ4点を回復できるのは中々嬉しい。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023187.jpg

再録の単色クリーチャー除去。

2マナインスタントで除去できるのでかなり使いやすいが、環境や相手のデッキ次第で価値が大きく変化する。

伝説神話ドラゴンがはびこればかなり厳しいか?

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023186.jpg

緑白メタの布告系除去。

クリーチャーを失いつつライフを失うふんだりけったり効果。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023368.jpg

1体のクリーチャーしかコントロールしていなければパワー+2&接死&絆魂を付与。

1体のフィニッシャーで勝利を狙うデッキならば価値が見出せるか。

リミテッドではかなり辛そう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023369.jpg

トークンにのみ伝染する疫病を撒き散らすエンチャント。

対象は限定されるものの2倍「魂の裏切りの夜」と考えるとポテンシャルは高そう。

WS023520

 

死致の執政(タルキール龍紀伝) WS023522

各色に存在する単色・レア・ドラゴンのサイクルから黒の1枚。

7マナ5/6「飛行」のスペックに加え、条件達成で自分以外を全破壊。

全体破壊効果の確実性の低さから、MTGFAN内でのシングル価格予想では「紙レア」として認定中。

 

デモチュー内蔵の伝説ゾンビ「アンデッドの大臣、シディシ」(タルキール龍紀伝) WS023523

5マナ4/6「接死」の悪くないスペックに加え、「濫用」でデモチューを誘発させるゾンビとなったシディシ。

自身を濫用しても1マナ思い「魔性の教示者」として運用できるコスパの高さから、シングル価格予想での評価はかなり高め。

WS022551

 

 

MTG「タルキール龍紀伝」に収録の黒レア「シルムガルの暗殺者」 WS023524

2マナ2/1の基本スペックに加え、ブロック制限能力の付いた暗殺者。

大変異でサイズを増強すると共に、表向きになったさいに相手のクリーチャーを除去する効果も発動!

シングル価格予想では「パック価格程度」との評価が大多数。

 

血顎の狂信者(タルキール龍紀伝) WS023525

3マナ3/3の基本スペックに加え、戦士を生け贄にしてのドレイン効果を発動可能。

タルキール龍紀伝での大幅なテコ入れにより活躍が期待される戦士デッキでの活躍が期待されるだけに、シングル価格予想では「パック価格程度~1000円」という評価が大多数。

 

3マナ5/3デメリットアタッカー「冷酷な軍族」(MTG タルキール龍紀伝) WS023526

3マナ5/3という高いスペックを有する代わりに、毎ターンアップキープに2点のライフを失うスーサイド・アタッカー。

疾駆で戦場に出せばデメリットを回避できる美しいデザイン。

シングル価格予想はそれなり~といった感じの評価。

 

MTG「タルキール龍紀伝」の黒レア呪文「邪悪な復活」 WS023527

インスタント・タイミングで墓地のクリーチャーを回収しつつ相手のクリーチャーを除去できるアドバンテージ的に優秀な一枚。

若干コストが重いからか、シングル価格予想では1000円~という評価は一票も得られず。

 

タルキール龍紀伝に収録の黒レアソーサリー「享楽者の宝物庫」 WS023528

対戦相手の墓地を追放し、以降はそれらを自身の手札のようにプレイできるようになる強力なエンチャント。

しかしながら、7マナという重さは若干厳しいらしく、シングル価格予想は「紙レア」との評価が過半数。

 

禍々しい協定(タルキール龍紀伝) WS023529

ライフと引き換えに大量のドローをもたらす一枚。相手に対する最期の一撃という側面も。

シングル価格予想では「100円~500円」といった感じ。

 

黒レアのゾンビ製造エンチャント「死体結い」 WS023530

墓地のクリーチャーを結い合わせて1体の怪物として戦場に送りだす悪魔の儀式。

WS023020

墓地に3枚以上クリーチャーがあれば、出して即5マナ6/6として運用できるのは中々に優秀。

現状のシングル価格予想は控えめだが、個人的には化けそうな予感がしている一枚。

 

目覚めし処刑者(タルキール龍紀伝) WS023531

ゾンビを全体強化する4マナの神話ゾンビ・ロード。

前述の「死体結い」と組み合わせればほぼ素のコストで墓地からプレイ可能。

MTGFANのシングル価格予想では「300円~1000円」の評価が過半数を占めるが、「1000円以上」や「2000円以上」にもそこそこ票が入っている。

環境にゾンビ・デッキが流行すれば一気に化ける可能性も。

以上、タルキール龍紀伝に収録の黒のシングルカードリスト一覧の画像&一言考察付きまとめでした。

 MTG「タルキール龍紀伝」収録カードリスト・データベース

Share Button


コメントを残す