MTG「タルキール龍紀伝」収録の緑のカードリストまとめ&一言考察(画像付き)


森(タルキール龍紀伝 フルアート)

2015年3月27日に発売となるMTG「タルキール覇王譚」ブロック第3弾セット

タルキール龍紀伝の緑の収録カードリスト

について、画像&一言考察付きでまとめました!

WS023440 WS023441 WS023442

 

キーワード能力「圧倒」を有するアタルカの氏族「突進する大鹿の群れ」

コモンながら5マナ5/5の良好なマナレシオを持ち、圧倒時には自軍のクリーチャー全体に「トランプル」を付与して相手の戦線をなぎ倒しながら突き進みます!

クリーチャーが並びやすいリミテッドではかなりの地上戦力になってくれそう。

 

変異の亜種「大変異」を有する緑コモン「高楼の弓使い」(タルキール龍紀伝)

4マナ3/4「到達」のスペック高めなコモン。

大変異を経由すれば4/5にまでサイズアップし、並のドラゴンなら一方的に破壊できる!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023391.jpg

基本スペックは3マナ4/1だが、上に+1/+1カウンターが乗っていれば「到達」を獲得!

パワー5の到達はレアドラゴンすら討ち取る。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023392.jpg

2マナ2/2の熊であり、圧倒時にはマナを支払って自身のサイズを一気に向上させることも可能!

序盤の基本戦力になり、後半にも活躍の可能性が残っている使いやすそうな一枚。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023393.jpg 大牙コロッソドン

生まれたてのコロッソドン。

小さい頃は外敵から身を守るために防御重視の模様。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023394.jpg

4マナ5/1「呪禁」というかなり前のめりな一枚。

呪禁で簡単に除去はされないが、結局小型クリーチャーのブロックで死んでしまうのが悲しいところ。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023395.jpg

龍から傷を負って生き延びた生命力の強いくまさん。

圧倒時には、龍からも生き延びた経験を活かして「再生」を獲得する。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023396.jpg

2マナ3/3と高いマナレシオを誇るが「防衛」によりアタック不可なクリーチャー。

圧倒時には1マナで防衛を失うことが出来るため、序盤は盤面を支えるブロッカーとして活躍し、後半はパワー3で殴ってくれる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023397.jpg

2マナ2/1の基本サイズに加え、大変異で3/2まで自己サイズアップできるクリーチャー。

また、大変異時にはオマケとして他のクリーチャーに+1/+1カウンターを付与可能!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023398.jpg

5マナ2/2という基本マナレシオはかなり悪いが、CIPで「鼓舞2」を誘発させるため戦場のP/Tはどちらも4増える。

+1/+1カウンターと相性の良いカードでまとめれば+αの活躍も!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023399.jpg

6マナ6/5の基本サイズに加え、大変異で7マナ7/6にまでサイズを上昇させる。

MTG史上最強のクリーチャーである甲鱗様をリスペクトしている一枚。

甲鱗のワーム

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023400.jpg

実質1マナ1/1であり、死亡時には自身に乗った+1/+1カウンターを他のクリーチャーに分け与えることができる。

+1/+1カウンターを参照して能力を向上させるカードが多いタルキール龍紀伝環境のリミテッドでは予想以上の活躍もありそう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023401.jpg

緑の基本アーティファクト・エンチャント除去。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023402.jpg

緑が苦手とする飛行クリーチャーを破壊しつつ「鼓舞2」を行える1枚。

ドラゴンを討ち取りつつ鼓舞により自軍のクリーチャーをドラゴン以上のサイズに!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023403.jpg

濃霧&アタックかブロックしている裏向きクリーチャーの表面確認。

相手の策略を白日のもとにさらす一枚。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023404.jpg

クリーチャーのタフネスを5も増やして「到達」を付与する軽量インスタント。

基本的には相手の不意をついて飛行クリーチャーをブロックし、緑の弱点である飛行クリーチャーを除去するカード。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023405.jpg

クリーチャーをパンプアップしつつ「トランプル」を付与する巨大化系呪文。

相手の甘えたチャンプブロックをぶち破りつつダメージを通す!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023406.jpg

自身のクリーチャーを強化しつつ「格闘」!

緑に貴重な使いやすい除去カード。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023407.jpg

エンチャントした土地を強力なマナ加速装置へと変えるエンチャント。

出せるマナの種類を増やしつつ一気にマナ域をジャンプアップできる!

エルダー・ドラゴンも出し放題!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023408.jpg

2マナ2/1ながら、大変異を経由して3/2になることも可能!

さらには大変異時に「帰化」を誘発させる使いやすそうな一枚。

 

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023409.jpg

4マナ2/4「警戒」のがっちりボディの長老たち。

圧倒時にはタップで無色マナ3点を加える脅威のマナクリーチャーへと変貌!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023410.jpg

5マナ3/5のボディはそれなりだが、圧倒時には良いニオイを出して相手のクリーチャーを「寄せ餌」状態に!

寄せ餌効果があるならパワーがもう少し欲しかったかも。あとは接死とか。

WS023607

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023411.jpg

+1/+1カウンター2個を含めて3マナ3/3で登場するクリーチャー。

他のクリーチャーに自身の+1/+1カウンターを分け与える「スパイク」のような効果も!

WS023608 WS023609

 

 

鱗衛兵の歩哨(タルキール龍紀伝)

2マナ2/3の基本サイズながら、ドラゴンが手札か戦場にいれば2マナ3/4という脅威のマナレシオを獲得する序盤戦で高い能力を発揮する一枚!

相手に情報アドを与えてしまう可能性は高いが、それを考慮しても強い。

 

MTG「タルキール龍紀伝」の緑アンコモン「塩路の伏兵」

4マナ3/3、もしくは大変異経由で5マナ4/4相当で登場する猟犬・戦士。

他のクリーチャーが表向きになった際に+1/+1カウンターを2個も補給するデキる補給部隊!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023194.jpg

各色のアンコモンに存在する単色ドラゴンサイクルから緑の一枚。

トランプル以外の部分は他のドラゴンと全く一緒の能力となっている。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023192.jpg

青黒メタのインスタント。

青か黒のパーマネントを破壊したり、青や黒の呪文から自身のパーマネントを守ったりと青黒を相手にした場合のスペックはかなり高そう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023412.jpg

竜王ドロモカからの贈り物は鼓舞の中でも破格の「鼓舞4」。

最低サイズだったはずのクリーチャーが一気に自軍の最大サイズになることも!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023413.jpg

鼓舞などによって+1/+1カウンターが置かれている自軍のクリーチャーの数だけカードをドローしつつ、+1/+1カウンターが乗っているクリーチャーを破壊不能に!

破壊から防ぎつつアドバンテージを得られる可能性があるのは中々強そう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023414.jpg

範囲や修正値ともに規模を縮小した「踏み荒らし」。

WS023611

代わりにコストが軽くなってインスタントになり、小回りが利きやすくなった。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023415.jpg

緑の定番マナ加速。

次のターンに一気にマナ域を3つもジャンプアップできるので、それを活かして相手の準備が整う前に重い一撃を叩き込みたい。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023416.jpg

毎ターンタフネス4以上のクリーチャーに対して+2/+2&警戒を付与。

戦闘の開始時に効果が誘発するため、張ったターンにもソーサリーのように効果を付与することが可能。

 

MTG「タルキール覇王譚」収録の緑レア龍「仇滅の執政」 仇滅の執政

素のサイズは7マナ4/5「飛行」だが、上手く運用すれば実質7マナ6/7「飛行」な上に登場時に相手のクリーチャー1体を殴り倒すことが可能。

7マナは重すぎたのか、当サイトでのシングル価格予想の結果は低め。

 

タルキール龍紀伝に収録の緑レア「棲み家の防御者」 棲み家の防御者(シングル価格予想)

2マナ2/1&ブロック制限能力を持つクリーチャー。

大変異を経由することでサイズを3/2にまで向上させるとともにブロック不可の範囲を広げ、さらには「新たな芽吹き(Regrowth)」の効果を誘発させる!

WS022772

明らかにスペックが高い一枚であり、シングル価格評価は大半が「少なくとも元は取れそう」との高評価。

 

MTG「タルキール龍紀伝」に収録の緑レア生物「毅然さの化身」 毅然さの化身(シングル価格予想)

素のままでも2マナ3/2「到達」「トランプル」という破格の性能なのに加え、デッキ構築を工夫すれば容易にサイズを2~3まわりは向上させられる強力なアバター。

レアでありながらシングル価格予想企画にて「1000円~2000円」というレンジの評価をもっとも獲得した、明らかにおかしい性能の一枚。

 

タルキール龍紀伝の緑伝説レア「狩猟の統率者、スーラク」 狩猟の統率者、スーラク(シングル価格予想)

タルキール龍紀伝の世界で新たに生まれ変わった「龍爪のスーラク」。

圧倒条件達成で自身を4マナ5/4「速攻」にするとともに、後続にも「速攻」を付与するシンプルながら強力な一枚。

シングル価格予想でも「500円~1000円」「1000円~2000円」という評価を数多く獲得したイケメン。

 

集合した中隊(タルキール龍紀伝) 集合した中隊(シングル価格予想)

確実性にはやや欠けるものの、インスタント・タイミングで2体のクリーチャーを戦場に出せる可能性を持った、爆発力に優れた一枚。

デッキ構築次第では4マナとは思えないほどのパフォーマンスを発揮してくれそう!

シングル価格予想での評価も高く、カスレアという評価は数えるほどしかなかった。

 

MTGタルキール龍紀伝に収録のソーサリー「太陽運びの接触」 太陽運びの接触(シングル価格予想)

手札の枚数に等しい「鼓舞」を行うとともに+1/+1カウンターが置かれているクリーチャー全てに「トランプル」を付与する「踏み荒らし」系のソーサリー。

確実性の低さが禍いしてか、シングル価格予想では1000円以上の評価は一票も得られず。

 

突撃陣形(MTG タルキール龍紀伝) 突撃陣形(シングル価格予想)

自軍のクリーチャーの戦闘ダメージの与え方を「ドラン」状態にする特殊なエンチャント。

包囲の搭、ドラン

さらには「防衛」を消失させる能力や、自軍のクリーチャー全体のタフネスを増加させる効果も持っている。

専用デッキを組んだ際の爆発力を期待してか、シングル価格予想での評価は上々。

 

変異サポートエンチャント「遮る霊気」 遮る霊気(シングル価格予想)

クリーチャーを裏向きで唱える際のコストを1減らす緑1マナの軽量エンチャント。

また、最低でも2/2のクリーチャーとして運用することも可能。

しかしながら、あまり爆発的な強さは期待しづらいためか、シングル価格予想では300円以下との評価が過半数。

 

タルキール龍紀伝の緑神話クリーチャー「失われた業の巫師」 失われた業の巫師(シングル価格予想)

3マナで2/3のサイズを持ちながら、クリーチャー呪文限定ながら好きな色のマナを製造できる優良なマナクリーチャーでもある緑神話。

次のターンには伝説神話のエルダー・ドラゴンすら簡単に出せそうなのは素晴らしい。

また、圧倒時に使える「生命の律動」も、大味ながら強力な効果。

WS022635

シングル価格予想では一番多かったのは「300円~500円」という評価だが、「1000円~2000円」や「2000円以上のトップレア候補」にも相当数の票が入っている評価の分かれた一枚。

最終的にはどちらに転ぶのかが楽しみです(^^)

 

MTGタルキール龍紀伝の緑神話生物「死霧の猛禽」 死霧の猛禽(シングル価格予想)

3マナ3/3「接死」という十分に強い基本スペックを持ちながら、「大変異」によってさらにサイズを向上させることができる緑神話生物。

さらには墓地に存在する際に、自軍の戦場のクリーチャーが「表向き」になるたびに自身を裏向きで蘇生させる自己再生効果も有する大盤振る舞いな一枚。

シングル価格予想では「1000円~2000円」という評価をもっとも獲得すると共に、「2000円以上のトップレア候補」という評価も少なくない人気の一枚!

 

以上、タルキール龍紀伝に収録の緑のシングルカードリスト一覧の画像&一言考察付きまとめでした。

 MTG「タルキール龍紀伝」収録カードリスト・データベース

Share Button


コメントを残す