チャンドラの両親「ピアナラーとキランナラー」を4枚採用したデッキがSCGオープンシカゴでベスト16入り!


ピアナラーとキランナラー

チャンドラの両親がカード化した伝説のクリーチャー

ピア・ナラーとキラン・ナラー

を4枚採用し、先日開催された

MTG SCGオープン・シカゴ 2015

にてベスト16入りを果たした中速の赤単デッキがMTG公式サイトで紹介されています。

 (公式)ビッグ・レッド(スタンダード)

Shane Campbell -「ビッグ・レッド」
スタンダード
20 《山》
4 《精霊龍の安息地》
2 《領事の鋳造所》


-土地(26)-

4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《雷破の執政》
3 《嵐の息吹のドラゴン》
4 《ピア・ナラーとキラン・ナラー》


-クリーチャー(15)-

4 《ドラゴンの餌》
4 《稲妻の一撃》
3 《焙り焼き》
2 《軍族童の突発》
4 《かき立てる炎》
2 《紅蓮の達人チャンドラ》


-呪文(19)-

3 《灰雲のフェニックス》
4 《引き裂く流弾》
4 《乱撃斬》
1 《焙り焼き》
2 《力による操縦》
1 《紅蓮の達人チャンドラ》


-サイドボード(15)-

スタンダード環境の赤単といえば軽量クリーチャーを大量に採用したオーソドックスなスライが多いですが、このデッキのクリーチャーは最低でも3マナの「ゴブリンの熟練扇動者」となっており、「ピア・ナラーとキラン・ナラー」も単純なスペックの高さからの採用となっています(^^)

WS102401 WS102400 WS102402 WS102403

娘である「チャンドラ(紅蓮の達人チャンドラ)」と「ピア・ナラーとキラン・ナラー」の競演も見ることができるデッキとなっています(^^)

WS102404

 MTGのデッキレシピまとめページはこちら

Share Button


コメントを残す