【禁止・制限】《渦まく知識》のヒストリック環境での一時停止が発表に!環境におけるイゼット・フェニックスやジェスカイ・コントロールの強さを考慮しての措置!

【禁止・制限】《渦まく知識》のヒストリック環境での一時停止が発表に!

MTG公式の禁止制限改定にて、ヒストリック環境における

《渦まく知識》の一時停止

が発表されました!

 2021年7月21日 禁止制限告知

イゼット・フェニックスやジェスカイ・コントロールといったデッキの強さ(それらの存在による多様性の損失)を考慮しての一時停止措置とのことです。

「イゼット・フェニックス」や「ジェスカイ・コントロール」のようなデッキはバランスを脅かすような勝率を見せてはいませんが、その確固たるメタゲーム上の割合は確かにデッキの多様性を損なっていて、その結果このフォーマットの楽しさを減少させています。これを修正しようとする動きが見られますが、その変化の割合はフォーマットの不均衡に素早く対処するには緩やかすぎます。このフォーマットの多様性を改善するため、《渦まく知識》はヒストリックで一時停止されます。

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」収録カードリストまとめ

ボーダーレス版プレインズウォーカー(フォーゴトン・レルム探訪)5種

 AFR「統率者デッキ」新規カードリスト一覧まとめ

【AFR統率者デッキ】MTG「フォーゴトン・レルム探訪 統率者デッキ」収録カードリスト情報まとめ!

【フォーゴトン・レルム探訪「統率者デッキ」最安価格ランキング】

種類  最安  2位  3位 備考
統率者デッキ(日) 14,080円(送料無料) 17,600円(送料無料) 17,600円(送料無料) ブースター10パック&各種付属品、定価4,400円
統率者デッキ(英) 14,080円(送料無料) 17,600円(送料無料) 17,600円(送料無料) ブースター10パック&各種付属品、定価4,400円

【禁止・制限】《高貴なる行いの書》のスタンダード2022環境での禁止が発表に!《不詳の安息地》とのコンボが決め手に!

高貴なる行いの書(フォーゴトン・レルム探訪)

MTG公式の禁止制限改定にて、スタンダード2022環境における

《高貴なる行いの書》の禁止

が予告されました。(なお、通常のスタンダード環境では禁止等の措置は現状ありません)

 (公式)STANDARD 2022: THE BOOK OF EXALTED DEEDS IS BANNED

すでに大きな話題を呼んでいる、《不詳の安息地》とのコンボデッキが問題視されたことが決め手となり、今回の禁止措置となったようです。

高貴なる行いの書(フォーゴトン・レルム探訪) 不詳の安息地(Faceless Haven)カルドハイム 栄光の探索(Search for Glory)カルドハイム

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」収録カードリストまとめ

ボーダーレス版プレインズウォーカー(フォーゴトン・レルム探訪)5種

【スタンダード2022】MTGアリーナで実装の「スタンダード2022環境」とは?MTG「エルドレインの王権」から「基本セット2021」までのセットが去るローテーション後の環境を一足早く体験できる環境!

【スタンダード2022】MTGアリーナで実装の「スタンダード2022」とは?MTG「エルドレインの王権」から「基本セット2021」までのセットが去るローテーション後の環境を一足早く体験できる環境!

MTGアリーナで実装された

スタンダード2022環境

とは、秋のスタンダード・ローテーションで変化する

MTG「エルドレインの王権」から「基本セット2021」までのセットが去るローテーション後の環境を一足早く体験できる環境

を意味しています。

 MTGアリーナ:パッチノート 2021.07 (2021年7月8日)

秋の「イニストラード」関連セット発売に伴って起こる「スタンダード・ローテーション」にいち早く対応できる環境となっています(^^)

公式バナー画像:フォーゴトン・レルム探訪

 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」の関連記事一覧はこちら
 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」収録カードリストまとめ

【エンチャント – クラス】フォーゴトン・レルム探訪にて、新たなエンチャント「クラス」が登場!D&Dのクラスをイメージした、レベルアップにて効果が強力になっていくエンチャント!

【エンチャント - クラス】フォーゴトン・レルム探訪にて、新たなエンチャント「クラス」が登場!D&Dのクラスをイメージした、レベルアップにて効果が強力になっていくエンチャント!

MTG「フォーゴトン・レルム探訪」にて、新たなエンチャントタイプとなる

エンチャント – クラス

が登場しました!

クレリック・クラス(Cleric Class)フォーゴトン・レルム探訪 ウォーロック・クラス(Warlock Class)フォーゴトン・レルム探訪 バード・クラス(Bard Class)フォーゴトン・レルム探訪

戦場に出した段階では一番上(レベル1)の能力のみを持ち、ソーサリー・タイミングで所定のコストを支払うことによってレベル2・レベル3の能力が順番に追加されて強化されていく、D&Dのクラスをモチーフにしたエンチャントとなっています(^^)

※以下、公式記事より引用

あなたは突撃を先導する、勇敢なファイター? みんなの生命を守る、勉強熱心なクレリック? TikTokをやれば絶対話題になる、カリスマ的なバード? 新たなサブタイプ「クラス」を持つエンチャントは、あなたとあなたのデッキが選んだ職業を表現し、パーティーでのあなたの役割を明確に示します。

クラスのサブタイプを持つエンチャントは、セット本体に12枚あります。クラスはそれぞれ、その挙動を示す独自のルールを持ちます。《ウォーロック・クラス》をご覧ください。

ウォーロック・クラス(Warlock Class)フォーゴトン・レルム探訪

各クラスは、テキスト欄に項目分けされた3つの能力を持ちます。私たちはそれを「クラス能力」と呼んでいます。クラスはさらに、「レベルを上げる」2つの起動型能力を持ちます。1つ目のクラス能力は、あなたがそのクラスをコントロールしているかぎり有効です。他の2つのクラス能力を得るには、時間をかけてトレーニングを積み技術を磨く必要があります。その道のりは長いですが、地道な努力は必ずや報われるでしょう。

と言っても、マナを支払うだけなんですがね。

レベル2能力は、ソーサリーとして、つまりあなたのメインフェイズ中で、スタックが空のときに起動できます。《ウォーロック・クラス》の場合、コストは{1}{B}です。能力が解決されたらそのクラスはレベル2になり、上から2つのクラス能力が有効になります。《ウォーロック・クラス》の場合、2つ目のクラス能力は一度きりの誘発型能力で、達成を祝してカード1枚を引かせてくれます。クラス能力には、常在型能力、起動型能力、誘発型能力のどれも存在します。なお、クラスのレベルを記録したり表示したりするカウンターはありません。クラスのレベルはそのパーマネントについての情報でしかないのです。

レベル2のクラスが次に目指すのは、レベル3です。こちらも同様に、ソーサリーとしてレベル3能力を起動できます。{6}{B}を支払い、《ウォーロック・クラス》のレベル3能力を起動しましょう。その能力が解決されたら、3つのクラス能力がすべて有効になります。レベル3能力は、そのクラスがレベル2でないと起動できませんのでご注意ください。レベル1から3への飛び級はできません。

もちろん複数のクラスを持つこともできます! クラス・エンチャントは何枚でもコントロールできますし、同じものを同時に複数枚持つこともできます。各クラスのレベルは、それぞれ個別に管理されます。なのであなたが《ウォーロック・クラス》2つをコントロールしている場合、1つをレベル2にしてももう1つには何の影響もありません。ですがレベル3の《ウォーロック・クラス》を2つ以上コントロールしているなら、あなたの終了ステップの開始時にそれぞれのレベル3の誘発型能力が誘発します。そして1つ目の能力が解決され、対戦相手がライフを失うと、その失ったライフは次の能力の解決時に参照されます。楽しいですね!まあ、あなたは。対戦相手はそうでもないでしょう。 「D&Dの世界へようこそ!」

 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」の関連記事一覧はこちら
 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」収録カードリストまとめ

【d20を振る】MTG「フォーゴトン・レルム探訪」にてメカニズム「d20(20面ダイス)を振る」が登場!バンドルやプレリキットにはこのメカニズム用の20面ダイスが封入!

【d20を振る】MTG「フォーゴトン・レルム探訪」にてメカニズム「d20(20面ダイス)を振る」が登場!バンドルやプレリキットにはこのメカニズム用のd20が封入!

MTG「フォーゴトン・レルム探訪」には、これまで銀枠セットのみで登場していたメカニズム

d20(20面ダイス)を振る(roll a d20)

が登場します!

宝箱(Treasure Chest)フォーゴトン・レルム探訪 暴走魔導士、デリーナ(Delina, Wild Mage)フォーゴトン・レルム探訪 デック・オヴ・メニー・シングス(The Deck of Many Things)フォーゴトン・レルム探訪 ピクシーの案内人(Pixie Guide)

20面ダイスの目は原則として大きい目が出るほどより良い効果がもたらされるようになっており、このメカニズムの登場に伴って「ダイスを複数個振り、低いほうの出目を無視する。」といった効果を持つカードも登場しています(^^)

20面ダイスの変化(スピンダウンからフォーゴトン・レルム探訪)

また、このメカニズムが登場することもあり、フォーゴトン・レルム探訪の「バンドル(Bundle)」や「プレリリースキット」に封入される20面ダイスはこれまでの「スピンダウンライフカウンター(近い数字が隣り合って並ぶもの)」ではなく、数字がランダムに出やすいものへと変更されています!

 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」の関連記事一覧はこちら
 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」収録カードリストまとめ

フォーゴトン・レルム探訪「ダンジョン/Dungeon」のギミックを紹介する動画がMTG公式より公開!ダンジョン探索をする(venture into the dungeon)ことでダンジョンを進みつつ色々な効果を誘発し、踏破(completed)することでメリットを獲得する!

フォーゴトン・レルム探訪「ダンジョン/Dungeon」のギミックがMTG公式より公開!

MTG公式YouTubeチャンネルにて、MTG「フォーゴトン・レルム探訪」で登場する

ダンジョン/Dungeon

のギミックについての紹介動画が公開されました!

特定のカードによって「venture into the dungeon(ダンジョン探索をする)」ことでダンジョンカードを攻略し、その成果によって様々な効果を獲得するギミックとなるようです!

 (公式)『フォーゴトン・レルム探訪』のメカニズム

※以下、上記リンク先の記事より引用

ダンジョンはD&Dの体験に欠かせない要素であり、『フォーゴトン・レルム探訪』の体験においても重要な部分を担います。「ダンジョン」はまったく新しいカード・タイプです。このセットには、《狂える魔道士の迷宮》を含む3つのダンジョンが登場します。長年のD&D冒険者の皆さんにはおなじみかもしれません。

狂える魔道士の迷宮(Dungeon of the Mad Mage)フォーゴトン・レルム探訪 ファンデルヴァーの失われた鉱山(Lost Mine of Phandelver)フォーゴトン・レルム探訪 魂を喰らう墓(Tomb of Annihilation)フォーゴトン・レルム探訪

ダンジョンはデッキに入れるカードではありません。ゲーム開始時にはゲームの外部にあり、使用時は統率領域に置かれます。これについては後ほど説明します。公式イベントでのゲーム中に「ゲームの外部にあるカード」と言う場合、それはあなたのサイドボードにあるカードのことを指しますが、ダンジョンは少し異なる挙動をします。ダンジョンはサイドボードの枠を埋めません。常に3つのダンジョンをどれでも使用でき、同じものを複数枚準備する必要はありません。ダンジョンを使う場合は、必要になるまでサイドボードと一緒に保管しておくだけで大丈夫です。

ダンジョンをゲーム中に使用するには、新規キーワード処理「ダンジョン探索」をします。通常のマジックのカード(あなたのデッキに入れるカード)の中に、ダンジョン探索をすると書かれているものがあります。これは呪文の効果や起動型能力、あるいはこれから見る《近道探し》などの誘発型能力にもあります。

近道探し(Shortcut Seeker)フォーゴトン・レルム探訪

統率領域にあなたのダンジョンがないときにダンジョン探索をする場合、あなたはまだダンジョンに入っていません。今こそ冒険の旅の始まりです! ダンジョンを選んで統率領域に置き、一番上にある最初の部屋に探索マーカーを置きましょう。探索マーカーは、D&Dにおいてマップ上の位置を知らせるミニチュアのように、あなたがどの部屋にいるのかを記録するものです。各プレイヤーには、それぞれ自分だけのダンジョンがあります。他のプレイヤーがあなたのダンジョンや探索マーカーに干渉できるようなカードはありません。(遠い未来はわかりませんが、このセットにはありません。)

最初の部屋を含め、あなたが部屋に入るたびに、その部屋能力が誘発します。部屋能力はすべて、「あなたがこの部屋に入ったとき、[その部屋の効果]」という意味です。例えば「あなたが大口の門に入ったとき、あなたは1点のライフを得る。」というように。部屋はそれぞれ個別の名前を持ちますが、それらの名前はフレイバーであり、ゲームに影響を与えません。

さて、これであなたはダンジョンに入りました。次にダンジョン探索をしたなら、次の部屋へ移動します。あなたがいるダンジョンを踏破するまで、新たなダンジョンに入ることはできません。次の部屋へ移動する際は、カードに描かれた矢印に沿って下へ進みます。

例えば、「ダンジョン階層」からは「ゴブリンのバザール」または「ねじれ洞窟」を選んで移動できますが、両方に行くことはできません。またダンジョン内を戻る(上に進む)ことはできません。後退は臆病者がすることです。あなたは臆病者ではありません。そんなことを言う戦士はブロックしてしまいましょう。

狂える魔道士の迷宮(Dungeon of the Mad Mage)フォーゴトン・レルム探訪

さて、ダンジョン探索で生き残り続けると、最後の部屋へ到達します。その部屋能力が解決されるかその他の方法でスタックを離れたら、そのダンジョンはゲームから取り除かれます。ダンジョンがゲームから取り除かれたら、あなたはそのダンジョンを「踏破」したことになります。(まれなケースとして、最後の部屋能力に対応してダンジョン探索をする場合があるかもしれません。その場合は、最後の部屋能力がスタックを離れるのを待たずにダンジョンを踏破することになります。そしてあなたは次のダンジョンの探索を始め、そのダンジョンの最初の部屋能力が前のダンジョンの最後の部屋能力より先に解決されます。)

ダンジョンを踏破することには、主に2つの利点があります。1つはダンジョンの踏破を参照するカードがあること。こちらの《グルーム・ストーカー》をご覧ください。

グルーム・ストーカー(Gloom Stalker)フォーゴトン・レルム探訪

あなたがダンジョンを踏破する時点で《グルーム・ストーカー》をコントロールしている必要はないことにご注目ください。現れた《グルーム・ストーカー》は、あなたをひと目見てダンジョンを踏破したことがあるのだと察し、二段攻撃を持ちます。わかる者にはわかるのです。

2つ目の利点は、また新たにダンジョンに入れることです! 次にダンジョン探索をする場合、あなたは先ほど入ったばかりの同じダンジョンも選べますし、別の新しいダンジョンに挑戦することもできます。狂える魔道士ともう一度踊りたい? 魂を喰らう墓の方が良さそう? それとも諦めて酒場に戻る? 物語を紡ぐのはあなたです。

狂える魔道士の迷宮(Dungeon of the Mad Mage)フォーゴトン・レルム探訪 ファンデルヴァーの失われた鉱山(Lost Mine of Phandelver)フォーゴトン・レルム探訪 魂を喰らう墓(Tomb of Annihilation)フォーゴトン・レルム探訪 近道探し(Shortcut Seeker)フォーゴトン・レルム探訪 グルーム・ストーカー(Gloom Stalker)フォーゴトン・レルム探訪 無私のパラディン、ナダール(Nadaar, Selfless Paladin)フォーゴトン・レルム探訪

 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」の関連記事一覧はこちら
 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」収録カードリストまとめ

ヴォーパル・ソード(Vorpal Sword)フォーゴトン・レルム探訪 ポータブル・ホール(Portable Hole) パワー・ワード・キル(Power Word Kill)

【AFR】MTG「フォーゴトン・レルム探訪」の略号がAFRに決定!英語セット名「Adventures in the Forgotten Realms」の頭文字3文字から!

【AFR】MTG「フォーゴトン・レルム探訪」の略号がAFRに決定!英語セット名「Adventures in the Forgotten Realms」の頭文字3文字から!

2021年7月23日発売の最新セット「フォーゴトン・レルム探訪」の略号が

AFR

となることが決定しました!

 (公式)フォーゴトン・レルム探訪 – 製品ページ

英語セット名「Adventures in the Forgotten Realms」の主要単語の頭文字3文字を取得した略号となっています(^^)

 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」の関連記事一覧はこちら
 MTG「フォーゴトン・レルム探訪」収録カードリストまとめ

公式バナー画像:フォーゴトン・レルム探訪

【禁止・制限】《時間のねじれ》のヒストリック環境での禁止が発表!STXチャンピオンシップで活躍した「ジェスカイ・ターン」のデッキを問題視!

【禁止・制限】《時間のねじれ》のヒストリック環境での禁止が発表!STXチャンピオンシップで活躍した「ジェスカイ・ターン」のデッキを問題視!

MTG公式の禁止制限改定にて、ヒストリック環境における

《時間のねじれ》の禁止

が予告されました。

STXチャンピオンシップで活躍した「ジェスカイ・ターン」のデッキを問題視しての禁止改定とのことです。

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG「ストリクスヘイヴン」収録カードリストまとめ

エルダー・ドラゴン一覧(ストリクスヘイヴン 魔法学院)

 MTG「モダンホライゾン2」収録カードリスト情報まとめ

モダンホライゾン2に収録される「対抗色フェッチランド」が公開!旧枠版&拡張アート版で収録!