迅速デッキ(MTG デュエルデッキ 迅速vs狡知)の収録コモン&アンコモンまとめ


MTG「デュエルデッキ 迅速vs狡知」のパッケージ画像

2014年9月5日に発売される

MTG デュエルデッキ 迅速vs狡知

のデッキの1つ

迅速(SPEED)デッキ

収録されるコモン&アンコモンをまとめました!

 MTG「デュエルデッキ 迅速vs狡知」収録カードリスト

屑肉の地のゾンビ

1マナで蘇生ができる軽いゾンビ!小回りが利いて使いやすい。

肉袋の匪賊

布告系の除去カードのようにも働くクリーチャー。タイミングを見極めて質的なアドバンテージを取りたいところ。

骨の粉砕

軽量万能除去だがコストが必要。戦闘などで役に立たなくなったクリーチャーをコストに大きなクリーチャーを破壊したいところ。

激情のゴブリン

放っておくと案外ダメージを通されてしまうゴブリン。1マナなのでテンポもよし!

ゴブリンの戦長

ゴブリンのコストを軽くしつつ、速攻まで与えるため2ターン分のスピード向上に!

かなり強力なゴブリン。

 

甲虫背の酋長

実質パワーは4/4相当。数を並べるほど有利になりやすいゴブリンデッキならばそれ以上の価値を発揮!

災いの悪魔

クリーチャーの数が並ぶデッキならば+1/+0の修正も案外バカに出来ない。

蘇生で4/3速攻&全体強化になれるのもGOOD!

野蛮な地の鬼

6マナ6/5速攻と奇襲性が高い!デメリット能力は軽量クリーチャーを戻すなり、CIP能力もちを戻すなりして上手く運用したいところ。

命知らず

1マナ4点火力!ソーサリーでかつ追加コストが必要なものの、最後の一押しにはもってこい!

電弧の痕跡

アドバンテージがとれうる火力。最低でも本体2点火力なので腐ることは無いのがうれしい。

クレンコの命令

数を並べたいデッキならばそれなりの活躍が見込める。

反逆の行動

1ターン限定とはいえ、相手の場を薄くしつつ自分の場を増強できる!

奪ったクリーチャーを生け贄にするギミックなどがあるとさらに強い。

ショック

赤の定番除去。

オークの連続砲撃

ハンドアドバンテージを失わない火力。

スーサイド系の高速デッキならば一考の余地有り!

焦熱の落下

序盤は土地サイクリングで場を安定させ、後半は除去として活躍。

ゴブリンの砲撃

クリーチャーが並ぶデッキで、一斉攻撃を通した後でタップしているクリーチャーを投げるだけで二桁のライフが削れることも多い。ゴブリンデッキのおとも。

はた迷惑なゴブリン

「熱情」を内蔵したクリーチャー。攻撃強制のデメリットはあるものの、攻撃的なデッキならばメリットのほうが上回りそう。

タルキール覇王譚の新キーワード能力「強襲」を持つ「マルドゥの心臓貫き」

タルキール覇王譚の先行収録カード。強襲を使うことで出したターンにさながら「速攻&ブロックされない&警戒」のように動ける。

歴戦の歩兵

往年の名サポーター。

レオニンの投網使い

場を無理やりこじ開けてくれるレオニン。

不屈の猛攻

クリーチャーが並ぶデッキで使いやすいコンバットトリック。

赤白黒の3色ランド「遊牧民の前哨地(タルキール覇王譚)」

タップイン3色ランド。「アラーラの断片」のものとは色マナの構成が異なる亜種。

進化する未開地

デッキ圧縮&色マナの安定。スピードを出すならばフェッチランドに差し替えたいところ。

ギトゥの宿営地

クリーチャー化土地。初出は「ウルザズ・サーガ」。

ゴブリンの死の略奪者

2マナ3/1トランプルの前のめりなスペックのクリーチャー。

カターリの爆撃兵

戦闘ダメージを通すと自爆してゴブリンを生む凄いシャーマン。

蘇生して2/2飛行&速攻で殴ると、蘇生によるターン終了時のデメリットが相殺できていい感じ。

よろめく死体

3マナ4/3の高スペックだがブロックはできない。蘇生の場合は2マナ4/3速攻とさらにハイスペックに!攻撃に特化した蘇生クリーチャー。

炎の血族の盲信者

場に出たターンは3/3速攻+α。自身が4マナと重めなので、速攻の付与を活かしづらいのがやや難点。

 

Share Button


コメントを残す