MTG「タルキール龍紀伝」収録の白のカードリストまとめ&一言考察


平地(タルキール龍紀伝 フルアート)

2015年3月27日発売のMTG「タルキール覇王譚」ブロック第3弾

タルキール龍紀伝の白の収録カードリスト

について、画像付きでまとめました(^^)

WS023428 WS023429 WS023430

 

MTG「タルキール龍紀伝」収録の鼓舞持ちコモン「砂造形の魔道士」

3マナ2/2で戦場に出た際に「鼓舞1」。

3マナで戦場のP/Tを3ずつ増加させれられると考えるとリミテッドでは十分。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023291.jpg

5マナ2/3「飛行」は若干物足りないが、鼓舞1を行うので実質3/4相当。

そう考えればリミテッドの飛行戦力としては十分。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023292.jpg

4マナ3/2「絆魂」。一度でもダメージを通せば差し引き6点のライフレース差を付けられるのはわりと良さそう。タフネスがやや低いか。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023293.jpg

1マナで1/3「先制攻撃」ながら「防衛」によって基本的にはアタック不可。

しかしながら、序盤の壁として考えれば中々に優秀そう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023294.jpg

1マナの地上クリーチャー限定タッパー。タップにかかるマナがやや多いかな。パワーが0でほとんど戦力になれないのもマイナス。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023295.jpg

2マナ3/1のバニラ。人間・戦士は種族サポートを受けやすそう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023296.jpg

2マナ2/2の白熊。

さらには戦場の戦士全体に「警戒」を付与。序盤の攻守に活躍。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023297.jpg

2マナ2/1バニラだが、+1/+1カウンターが置かれていれば「飛行」も獲得。

ドロモカ氏族の「鼓舞」などで+1/+1カウンターを乗せれば序盤の優秀な飛行戦力に。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023298.jpg

3マナ2/1「飛行」「警戒」の小さな「セラの天使」。

大変異すればさらにセラ天に一歩近づく。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023299.jpg

5マナ3/4か「大変異」経由で4/5のモードを選べる。

大変異経由なら擬似的な「速攻」持ちとして殴れるのは中々よさげ。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023300.jpg

非クリーチャー呪文に対応して2点のライフを獲得。

果敢持ちで固めたデッキの優秀な壁&ヒーラーとして活用できる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023301.jpg

2マナ1/3「飛行」の鳥さん。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023302.jpg

反復を持つコンバット・トリック。

ジェスカイの「果敢」持ちと組み合わせるとかなりのダメージアップが期待できそう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023303.jpg

「反復」を持つプロテクション付与。

自軍の大事なクリーチャーを守りつつ「果敢」などを2ターンに分けて誘発させられる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023304.jpg

白に多いアタックorブロック中のクリーチャーに対する除去カード。

システムクリーチャーを破壊しづらい弱点はいつもどおり。

このカードはタルキール龍紀伝らしく「鼓舞1」もオマケつき。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023305.jpg

追放する「帰化」。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023306.jpg

6点のライフとカードを獲得するインスタント。6点のライフは相手の計算を崩すのに十分。

勝利を焦った相手のフルアタックを綺麗にすかして、引いたカードをリソースに返しのターンで反撃を仕掛けたい。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023307.jpg

エンチャント・タッパー。

エンチャントされているクリーチャーをかなりガッチリした壁にすることも可能。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023308.jpg

白の恒例エンチャント「平和なべ」。

イラストから「平和な心」が感じられないのは私だけ?

 

エイヴンの陽光弾手(タルキール龍紀伝)

3マナ1/1「飛行」「二段攻撃」の飛行戦力。

大変異することで上昇したパワーが「二段攻撃」で二倍になって活きる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023179.jpg

2マナ0/4「防衛」「飛行」のブロッカー。

手札のドラゴンを公開、もしくは戦場にドラゴンがいればドローもできてアドバンテージ的にも優秀。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023180.jpg

全色に存在するアンコモン単色ドラゴンサイクルの1枚。

他のドラゴンとは「絆魂」の部分だけが異なり、それ以外は全く同一。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023309.jpg

1マナ2/1でプロテクション(ドラゴン)を持つドラゴンキラー。

ドラゴン限定の「到達」も持っているため飛行持ちドラゴンをがっちりガード。

4人で編隊を組めば「竜王アタルカ」ですら討ち取る。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023310.jpg

3マナ1/1「先制攻撃」に加え、攻撃するたびに「鼓舞1」を行うドロモカの性質を受け継いだ兵士。

低パワーながら、「先制攻撃」もお陰でアタックに参加しやすいのが嬉しい。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023311.jpg

3マナ2/3の基本ボディに加え、つけられているオーラの数だけパワーアップ!

昔ながら「エンチャントレス」と呼ばれていたであろう一枚。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023312.jpg

5マナ3/3の基本ボディはイマイチだが、非クリーチャー呪文に反応して自軍全体に+1/+1を与えるのはとても強力。

果敢を持つクリーチャーは、1枚の非クリーチャー呪文で+2/+2の修正を得るようになる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023181.jpg

黒赤のメタ・カード。

軽量コストでクリーチャーを除去しつつライフを獲得できる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023313.jpg

鼓舞1&+1/+1カウンターが置かれているクリーチャーに対してさらに追加の+1/+1カウンターを付与。

少なくとも+2/+2分の恒久的な強化が可能!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023314.jpg

自軍全体に+2/+1というパワー偏重の修正を与える攻撃能力に優れたソーサリー。

反復によって次のターンにもさらなるチャンスを残すことが可能!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023315.jpg

エンチャントされているクリーチャーに「二段攻撃」を付与するオーラ。

シンプルなデザインながら殺傷力は中々のもの。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023316.jpg

「はい、いつでも鼓舞ー。」(のぶ代さんの声で※年代がバレる)

+1/+1カウンターを自軍にばら撒く効果は他のカードとのシナジーも期待できる。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023317.jpg

白に多い「場に存在する限り該当のカードを追放する」というタイプのエンチャント。

対象がやや狭いが、序盤の露払いとしては十分かな。

 

陽焼の執政(タルキール龍紀伝) WS023462

5マナ4/3「飛行」の基本ボディに加え、対戦相手の呪文に反応してサイズアップ&ライフ獲得可能な白レアドラゴン。

MTGFAN内のシングル価格予想での評価は低め。悠長な能力が嫌われたか。

 

タルキール龍紀伝に収録の「アラシンの先頭に立つ者」 WS023463

3マナ2/2「二段攻撃」が単純に優秀な人間・戦士。

他の戦士にも「二段攻撃」を付与できる戦士デッキ期待のエース。

MTGFAN内のシングル価格予想での評価も上々。

 

族樹の精霊、アナフェンザ(タルキール龍紀伝) WS023464

2マナ2/2の基本ボディに加え、他のクリーチャーが戦場に出るたびに「鼓舞1」ができる優秀な軽量クリーチャー。

タルキール覇王譚の「カン」だったアナフェンザの新たな姿。

MTGFAN内のシングル価格予想でも期待値はかなり高めの模様。

 

隠れたる龍殺し(タルキール龍紀伝) WS023465

2マナ2/1「絆魂」の基本ボディを持ち、「大変異」することでタルキール龍紀伝の世界にはびこる弩アラゴンを撃墜することもできる一枚。

MTGFAN内のシングル価格予想では「元はとれそう」との評価が大多数。

 

光輝の粛清(タルキール龍紀伝) WS023466

多色メタの追放除去。

活躍するか否かは環境次第か。

汎用性の低さから、アンケート結果はやや低め。

 

タルキール龍紀伝の白レア「荒野の確保」 WS023467

各地で評判のX体のトークンを製造するインスタント呪文。

隙を見せることなく自軍の戦力を増強できるのはかなり優秀。

MTGFANでのシングル価格予想も「1000円以上」と評価する方が多数!

 

WS022633 WS023468

やや大味な「反復」つきパーマネント・リアニメイト呪文。

MTGFANでのシングル価格予想ではカスレア認定されているが、良き相方が見つかれば可能性はあるかも!?

 

神話実現(タルキール龍紀伝) WS023469

1マナで設置し、1マナでクリーチャーに変身するエンチャント。

果敢を多用するデッキならP/Tの期待値は中々高そう。除去されづらいクリーチャーとしての活躍に期待。

アンケート人気は今のところそこそこ。

 

タルキール龍紀伝に収録のオーラ「権威の微光」 WS023470

やや悠長さが感じられるエンチャント・オーラ。

MTG FAN内のシングル価格予想では見事に紙レア認定中。

 

オジュタイ氏族の白神話クリーチャー「オジュタイの模範」(タルキール龍紀伝) WS023471

MTG「タルキール龍紀伝」の白単唯一の神話レア。

4マナ4/4とマナレシオに優れ、さらには非クリーチャー呪文に反応して3種類の効果を発動する汎用性の高さが魅力的な一枚。

MTGFANで行っているシングル価格予想アンケートでも「1000円~2000円」と予想する人が大多数の高評価!

以上、タルキール龍紀伝に収録の白のシングルカードリスト一覧まとめでした(^^)

 MTG「タルキール龍紀伝」収録カードリスト・データベース

Share Button


コメントを残す