MTG「タルキール龍紀伝」収録の多色&無色のカードリストまとめ&一言考察(画像付き)


竜王シルムガル(タルキール龍紀伝 フルアート)

2015年3月27日に発売が迫っている、MTGタルキール覇王譚ブロック第3弾

タルキール龍紀伝の多色&無色のカードリスト

について、画像&一言考察付きでまとめました!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023417.jpg

4マナ3/4のアーティファクト・クリーチャー。

コストは良好だが自分のパーマネントを強制バウンスするデメリット付き。

強力なCIP持ちを戻すなど、デメリットをメリットに変える工夫をしたい。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023418.jpg

1マナ1/2のコスパ良好なアーティファクト・クリーチャー。

さらには裏向きクリーチャーの表側をいつでも見れるオマケ付き。

リミテッドでは中々の活躍が期待できそう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023200.jpg

3マナ2/5と良好なコスパながら、「防衛」でアタックができないとともにタップ状態で戦場に出るため1ターンはブロックも出来ない。

リミテッドでは高マナ域のクリーチャーでもがっちり止めてくれそうな頼れる一枚。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023419.jpg

0マナ設置&2マナ装備の使いやすい装備品。

装備したクリーチャーはタフネスが2上がると共に「到達」を獲得して優秀なブロッカーへと変貌。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023420.jpg

設置2マナ&起動2マナで「幽霊火(PWウギンの+2能力)」の弱体化版を誘発させるアーティファクト。

とりあえず設置しておけば相手にプレッシャーを与えられる。

WS023699 WS023700

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS022665.jpg

自身をタップして基本土地をタップ状態で戦場にできる定番土地。

このカードをフェッチランドの代用として使っていると、本物のフェッチランドがどんどん欲しくなる不思議。

タップインの歯がゆさを実感できる一枚。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS022981.jpg

6マナ4/4「飛行」に加え、非クリーチャー呪文で+2/+2の修正を獲得できる2倍「果敢」のドラゴン。

果敢もちのクリーチャーを集めたデッキにそのまま投入できそう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS022983.jpg

6マナ4/4「飛行」に加え、自軍のクリーチャーが生け贄になるたびに相手にもクリーチャーの生け贄を強制する効果を有する。

シルムガルの氏族のキーワード能力「濫用」と高い相性を誇る一枚。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS022985.jpg

6マナ4/4「飛行」に加えて、CIPで手札か墓地のマナコスト3以下のクリーチャーを「速攻」つきでリアニメイトできる。

リアニメイトしたクリーチャーは手札に戻るため、墓地のクリーチャーをリアニメイトした場合にはアドバンテージも稼げる!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS022984.jpg

攻撃時に炎をともに潤沢なマナを吐き出す希少種のドラゴン。

攻撃フェイズで消えないため、潤沢なマナを利用する選択肢も豊富。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS022982.jpg

6マナ4/4「飛行」に加え、他のクリーチャーが+1/+1カウンターを獲得した際に便乗して+1/+1カウンターを獲得する。

上手くデッキを構築すればすぐに倍以上のサイズに成長してくれそう。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023421.jpg

4マナ3/3という、アーティファクト・クリーチャーとしては十分に優秀なマナレシオでありながら、自軍にドラゴンが存在すればさらにサイズを一回り大きくすると共に「飛行」&「トランプル」を獲得!

条件達成時にはそのへんのレアカードをはるかに凌ぐスペックに!

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023422.jpg

3マナ設置&3マナ装備はやや重く、装備できるクリーチャーのサイズにも制限はあるが、装備クリーチャーのパワーを3増加させるとともに「トランプル」を付与する。。。

「ロクソドンの戦槌」がいかに強力だったかを再認識できる一枚。

WS023701

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023423.jpg

2マナ設置&2マナ装備の装備品。

修正値こそ+1/+1と平凡だが、後続のクリーチャーに任意でノーコスト装備可能なのはかなり使いやすい。

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023201.jpg

4マナ設置&2マナ・タップで1枚ドロー。

非クリーチャー呪文を唱えていた場合にしか能力を起動できないが、「ジェイムデー秘本」よりも2マナ軽く起動できるのは嬉しい。

WS023702

 

http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023198.jpg http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023199.jpg http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023197.jpg http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023195.jpg http://www.fgrecservices.com/wp-content/uploads/2015/03/WS023196.jpg

3マナのマナ・アーティファクト・サイクル。

それぞれ、氏族を統べる「竜王」に対応するカラーのマナをタップで生めると共に、対応する色マナ2色を含む6マナを払うことで4/4「飛行」の多色ドラゴンになれる。

リミテッドならば優秀なマナ加速&基盤安定になるとともに、終盤のアタッカーとして活躍できそう。

 

タルキール龍紀伝に収録の無色アンコ生物「ウギンの末裔」

無色でありながら6マナ4/4「飛行」というハイスペックなドラゴン・スピリット。

さすがは「精霊龍、ウギン」の末裔である。

リミテッドならばどんなデッキでもとりあえず入れとけば活躍してくれそうなボーナス・カード。

 

清純な空智(タルキール龍紀伝) 清純な空智のシングル価格予想

6マナ6/4「飛行」という高い攻撃性能を誇り、非クリーチャー呪文に反応して好きな色のプロテクションを獲得できます!

エントリーセットにも収録されるレアということもあり、シングル価格予想の評価は低調。

 

MTG「タルキール龍紀伝」のレア命令サイクル「オジュタイの命令」 オジュタイの命令 - シングル価格予想

4種類の効果から好きなものを2種選んで発動できる汎用性の高い多色命令サイクルから白青の一枚。

ほとんど腐らないライフ獲得&ドローが入っているのが優秀で、場合によってはかなり高い効果を発揮するクリーチャー・カウンターの効果が活きてくる。

シングル価格予想では1000円~2000円という評価がもっとも多く、2000円以上という評価もちらほら存在する有望株。

 

屍術使いのドラゴン(タルキール龍紀伝) 屍術使いのドラゴン - シングル価格予想

5マナ4/4「飛行」を基本スペックとし、戦闘ダメージをプレイヤーに与えた際にトークン製造&ライブラリー破壊を行うドラゴン。

エントリーセットにも収録されることや、効果の発動がやや悠長&マナを必要とするためかシングル価格予想では「紙レア」との評価が大多数に。

 

シルムガルの命令 シルムガルの命令 - シングル価格予想

4種の効果から2種類を組みあわえて使える多色命令サイクルより青黒の「シルムガル」の命令。

腐りづらいバウンス効果を選択肢に持ち、他の効果もいざというときに頼れるものばかり。

5マナとやや重いことが嫌われたのか、シングル価格予想では「500円~1000円」を中心に低価格帯に評価が集中。

 

雷光翼の匪賊 雷光翼の匪賊 - シングル価格予想

5マナ5/4「飛行」に加え、他のクリーチャーが戦場に出るたびにクリーチャー1体を選択してパワーに+2の修正を与えることのできる爆発力のある一枚。

エントリーセットに収録される多色レアドラゴン・サイクルの中では上々のシングル価格評価。

 

コラガンの命令 コラガンの命令 - シングル価格予想

4種の効果から2つを選んで発動する、汎用性の高い「命令」サイクルの一枚。

効果はどれも1マナ相当の効果だが、それらを好きなタイミングで好きに組み合わせてインスタントとして発動できるのが最大の強み。

爆発力はあまり期待できないためか、「300円~500円」や「500円~1000円」という評価に予想が集中した。

 

狩りの先駆け(タルキール龍紀伝) 狩りの先駆け - シングル価格予想

5マナ5/3「飛行」という高い攻撃性能を誇る基本ボディに加え、マナを支払って地上か空中の小型クリーチャーを一掃する能力を有する赤緑竜。

タルキール龍紀伝のエントリーセットに収録される多色レアドラゴンの中では屈指の高評価を獲得中。

 

タルキール龍紀伝の多色命令サイクルから「アタルカの命令」 アタルカの命令 - シングル価格予想

4種の効果から2種を選んで発動させられる高い汎用性を誇る「命令」サイクルより赤緑の1枚。

少なくともプレイヤーへの3点バーンはほぼ腐ることは無く、土地加速や全体強化&到達付与も場面次第ではアドバンテージをもたらしてくれる。

腐りやすそうな「相手をライフ獲得不可にする」という効果も、一つの選択肢として考えれば生きる場面はありそう。

評価の大多数は「500円~1000円」に集中したが、「紙レア」から「トップレア候補」まで様々な評価を満遍なく獲得した一枚。

 

アラシンの君主(タルキール龍紀伝) アラシンの君主 - シングル価格予想

7マナとマナコストは重いが、サイズは6/6で飛行持ちという優秀な制圧力を有する。

死亡時にライブラリートップかボトムに戻しても良い効果は、巨大な飛行クリーチャーが高い価値を持つリミテッドならば有用に使えそう。

なお、構築での評価はほぼ7マナ6/6「飛行」のバニラといった感じの「紙レア」認定。

 

タルキール龍紀伝「ドロモカの命令」 ドロモカの命令 - シングル価格予想

4種の効果から2種を選べる多色命令サイクルより緑白の「ドロモカ」の命令。

2マナと軽いものの、選択肢の効果はどれもややクセのある印象。

シングル価格予想での評価もクセの強さを反映してか多色命令サイクルの中ではやや低め。

 

精霊龍の安息地(タルキール龍紀伝) 精霊龍の安息地 - シングル価格予想

ドラゴン・クリーチャー呪文に使える好きな色のマナを製造できるドラゴン・デッキでの活躍が期待できる一枚。普通に無色マナを出せるのも収集。

墓地からドラゴンかウギンを手札に回収できる効果も使いやすそうで、フィニッシャーを何度も使いまわせるのは嬉しい。

シングル価格予想の現状はやや低めだが、ドラゴン・デッキが今後登場するようなことがあればもっと評価は上がるかも。

 

竜王オジュタイ(タルキール龍紀伝) 竜王オジュタイ - シングル価格予想

5マナ5/4「飛行」に加え、アンタップ状態での「呪禁」やプレイヤーに戦闘ダメージを与えた際に「予期」が誘発するなど戦闘能力&除去耐性&アドバンテージを兼ね備えたハイブリッドな一枚。

シングル価格予想の評価では、「300円以下」という評価を一切獲得することが無かった。

 

MTG「タルキール龍紀伝」に収録のPWナーセット 卓絶のナーセット(シングル価格予想)

4マナで初期忠誠値6を持ちながら、どの能力も高いアドバンテージ性能を秘めたまさに「卓絶」の1枚。

シングル価格予想では「2000円以上のトップレア候補」という評価を100票以上も獲得したことからも分かるように、見るからにトップレア感が漂っている。

 

MTG「タルキール龍紀伝」の神話ドラゴン「竜王シルムガル」 龍王シルムガル(シングル価格予想)

青のコントロール奪取エンチャント「精神の制御」に1マナ加えたら3/5「飛行」「接死」が付いてきた上にプレインズウォーカーまでコントロールを奪えるようになった破格のエルダー・ドラゴン。

MTGFANで実施したシングル価格予想でも300円以下の評価をほとんど獲得することなく、高価格帯の予想が集中した期待の一枚。

 

竜王コラガン(タルキール龍紀伝) 龍王コラガン(シングル価格予想)

赤の優良エンチャント「熱情」に3マナ加えたら尾間kで6/5「飛行」「速攻」が付いてきた破格スペックのエルダー・ドラゴン。

また対戦相手に対して、墓地に存在するクリーチャーかプレイヤーを実質プレイ不可にできる効果まで持っており、ダメージ性能は史上屈指!

シングル価格予想での評価もかなり高く、「1000円~2000円」との評価を中心に高めの評価を数多く獲得した。

 

 

MTG「タルキール龍紀伝」の伝説神話「竜王ドロモカ」 龍王ドロモカ(シングル価格予想)

6マナ5/7「飛行」「絆魂」という攻防に優れた能力を持ち、さらには自身が打ち消されないとともに相手の呪文発動タイミングを制限する青にとっては悪夢のようなクリーチャー。

基本性能の高さを反映して、シングル価格予想では「1000円~2000円の優良レア」という評価を大量に獲得すると共に、「2000円超のトップレア」という評価も二桁獲得するなどかなりの人気を誇っている。

 

揺るぎないサルカン(タルキール龍紀伝) 揺るぎないサルカン(シングル価格予想)

見事に悲願の「ウギン復活」を成し遂げ、歓喜の進化を遂げたPWサルカン。

+1の効果により実質4マナで唱えられると共に手札を補充。-2の効果では4/4「飛行」トークンの製造という攻防に優れた戦力を製造できる。

-8の能力は明らかなオーバーキルだが、夢があって面白いと思う。

シングル価格予想では、「2000円超のトップレア」と「1000円~2000円」が大半を占める高評価の予想となっており、「500円以下」の評価を一切獲得していない。

 

以上、タルキール龍紀伝に収録の多色&無色のカードリスト一覧の画像&一言考察付きまとめでした。

 MTG「タルキール龍紀伝」収録カードリスト・データベース

Share Button


コメントを残す