MTG「タルキール覇王譚」収録の緑のカードリストまとめ&一言考察


タルキール覇王譚 森 全種

タルキール覇王譚に収録される

緑のカードリスト

についてまとめ&一言考察しました(^^)

 

【タルキール覇王譚 緑 コモン】

  • 高山の灰色熊

高山の灰色熊

高山で鍛えたことにより、筋力が増してパワーが2アップした「灰色熊」。

灰色熊 MTG

強くなったクマー。あと、シマシマになったクマー。

 

  • 射手の胸壁

射手の胸壁

2マナ0/5というがっちり感に加え、矢を射出してライフを削れる壁。

アブザンの壁には近づかないほうがよさそう。

 

  • 熊の覚醒

熊の覚醒

巨大化と比較すると無色2マナでトランプルが付く計算に。

やや効率が悪い感じがするが、パワーの上昇とトランプルは好相性なのでそれを一枚でこなせるならばそれなりか。

 

  • 龍鱗の加護

龍鱗の加護

タルキール覇王譚の世界の龍の鱗の加護を受けるとその場かぎりではなく恒久的にP/Tが増すらしい。

これが原因で乱獲されてタルキール覇王譚の世界のドラゴンは絶滅しちゃったのかも。

 

  • 部族養い

部族養い

2マナで5点のライフ回復はあまり嬉しくないが、2倍となれば話は別。

よほどの緊急事態でなければ獰猛状態を狙って撃ちたいところ。

 

  • 高地の獲物

高地の獲物

高地の大鹿は、まず捕らえられると仲間として働かされ、倒れてからも食料として活用されるらしい。

タルキール覇王譚世界の生活の知恵。

 

  • わめき騒ぐマンドリル

わめき騒ぐマンドリル

探査をMAXで活用すれば1マナ4/4トランプルと言う圧倒的なコスパを発揮する類人猿。

素のコストでも6マナなので、使えなくは無いスペック。

 

  • 族樹の管理人

族樹の管理人

変異コストが軽く、再生コストも残った状態ならば単体除去をかわせる!

ただ表向きにするのだけではほとんど意味が無い珍しい変異。

 

  • 遠射兵団

遠射兵団

長久を持つアブザンの緑クリーチャー。

+1/+1カウンターを有するクリーチャーに対して到達を付与する常在能力も持っています!

 

  • 帰化

帰化

緑の定番アーティファクト・エンチャント除去。

タルキール覇王譚世界の強力な「隆盛」サイクルのエンチャントなどを破壊したい。

 

  • サグの射手

サグの射手

変異コストとマナコストがぴったり一致するスゥルタイの珍しい変異クリーチャー。

変異後には到達を獲得するので、相手の飛行持ちを戦闘で討ち取りやすい!

 

  • 凶暴な殴打

凶暴な殴打

素のコストだとコスパが悪いが、獰猛状態ならば強化した上で格闘できるので、除去できる範囲を拡大しつつ、その後の戦闘でも与えるダメージを増やせる!

殴られたクマー。

 

  • 境界の偵察

境界の偵察

3マナでライブラリーを5枚掘り進め、クリーチャーか土地をゲットできるソーサリー。

スゥルタイらしく、残りのカードは墓地に送られて「探査」の肥やしにもなります(^^)

 

  • 煙の語り部

煙の語り部

スゥルタイの熊。

オマケ程度に裏向きの変異クリーチャーの表側を確認する効果がある。

遊戯王のトラップカードの正体が何なのかを確認する感じ?

 

  • 大牙コロッソドン

大牙コロッソドン

コロッソドンっていうネーミングがカッコイイ。

範馬刃牙のコミックス第1巻1話で勇次郎が闘ってた巨大アフリカゾウを思い出した。

 

  • 長毛ロクソドン

長毛ロクソドン

変異で尋常ならざるサイズアップをするロクソドン。

誰もが認める最強クリーチャー「甲鱗のワーム」とも相打ちできるサイズになれる!

甲鱗のワーム

まあ、このカードだと相手のライフをゼロにするのに4回のアタックが必要になるのに対し、甲鱗様はわずか3回のアタックで相手のライフをゼロにできる時点で圧倒的な越えられない壁があるのは言うまでもない。

 

【タルキール覇王譚 緑 アンコモン】

  • 強大化

強大化

樫の力並みのプラス修正を与えるインスタント強化呪文。

樫の力

樫の力が4マナであることを考えると、3マナ以下で唱えたいところ。

 

  • 荒野の後継者

荒野の後継者

2マナ2/2接死というかなりハイスペックな熊。

序盤はダメージを通し、中盤終盤には相手の大型地上クリーチャーを相打ちに持ち込んでくれる!

獰猛状態で2マナ3/3となる点もかなり優秀(^^)

 

  • 増え続ける成長

増え続ける成長

クリーチャーを恒久強化する+1/+1カウンターばら撒きソーサリー。

アブザンの+1/+1カウンターが乗っているクリーチャーになんらかの能力を付与するクリーチャーのサイクルとも相性が良い。

 

  • 松歩き

松歩き

素の状態でも5マナ5/5とスペックは悪くなく、さらには変異から表向きになるとそのクリーチャーをアンタップできる能力を備える。

一時的な擬似警戒のように使ったりするのが一番多いケースかな。

 

  • 挑発の咆哮

挑発の咆哮

一時的な「寄せ餌」に加え、獰猛状態であれば対象のクリーチャーに「破壊不能」が付く。

寄せ餌

寄せ餌状態のクリーチャーは通常ブロックによって破壊されるものだが、このカードならば相手のクリーチャーだけを破壊したりおびき寄せつつ、破壊すら免れてしまう。

リミテッドだとかなりよさげ。

 

  • 地平の探求

地平の探求

3倍「地勢」。

地勢

序盤の安定性担保に使えないが、手札枚数的にアドバンテージをとりつつライブラリーの質を一気に高めることが可能。

 

  • スゥルタイの剥ぎ取り

スゥルタイの剥ぎ取り

タフネス4以上のクリーチャーの皮からライフを4点回復する秘薬を作れるスゥルタイのシャーマン。

自身も4マナ3/4とそれなりのサイズがあるのが嬉しい。

 

  • ティムールの軍馬

ティムールの軍馬

手札から自身と同色のカードを公開して表向きになるサイクルからティムールの一枚。

表向きになった際にトランプルを付与できるので、自身がパワー3&擬似速攻&トランプルで殴っても良いし、ティムールの大型クリーチャーにトランプルを付与するのもよし。

強引に3マナで裏向きプレイ&手札公開でトランプルを付与するソーサリーのように使用することも可能!

 

  • 牙守りの隊長

牙守りの隊長

3マナ2/3に加え、緑1点で長久ができる緑らしいサイズに優れたクリーチャー。

このカードは+1/+1カウンターもちに対してトランプルを付与できる。

 

  • 暴風

暴風

緑の定番飛行除去。

むしろ、コレが無いと本当に緑単色は飛行で乙る。

 

【タルキール覇王譚 緑 レア】

  • 硬化した鱗

硬化した鱗

緑1マナで張れる、クリーチャーに置かれる+1/+1カウンターの数を1増やすするエンチャント。

とりわけアブザンのキーワード能力「長久」とは好相性。

 

  • うねる塔甲羅

うねる塔甲羅

5マナ5/9という圧倒的な防御性能に加え、島渡りによって多色環境であるタルキール覇王譚ワールドではブロック不可状態になることも多そう。

しかし、このカードが亀ということを忘れてはならない!攻撃をするのに2ターンを要する上、攻撃中は他の行動が一切取れなくなる厄介さん。

 

  • 爪鳴らしの神秘家

爪鳴らしの神秘家

タルキール覇王譚のBOXプロモにもなっているティムールのマナクリーチャー。

ティムールカラーのマナを生成でき、変異から表向きになった際にティムールカラーのマナ3点を生み出すことも可能!

 

  • 神秘の痕跡

神秘の痕跡

変異をサポートするエンチャント。

裏向きでプレイした際に土地サーチでアドバンテージを稼ぎ、表向きになった際にはクリーチャーを強化!

 

【タルキール覇王譚 緑 神話レア】

  • 頭巾被りのハイドラ

頭巾被りのハイドラ

タルキール覇王譚にて、払ったマナの分だけサイズをアップする「ハイドラ」種の神話レアが登場!

タルキール覇王譚のクリーチャーらしく変異でプレイすることも出来、表向きになった際には5/5というサイズを必ず獲得できます(^^)

また、死亡時に+1/+1カウンターの数だけ1/1の蛇を生み出せるのでアドバンテージも失いづらい強力なクリーチャーです!

 

  • 書かれざるものの視認

書かれざるものの視認

ライブラリーの上から8枚を掘り進め、好きなクリーチャーを直接場に出すことが可能!

また、獰猛状態ならば場に出せるクリーチャーの数はさらにもう1体追加できちゃいます(^^)

残りのカードが墓地に置かれるため、スゥルタイの「探査」とも相性がよさそうですね。

 

 MTG「タルキール覇王譚」収録カードリストまとめ

Share Button


コメントを残す