MTGの珍フォーマット「キューブレット」とは?全カードが真鍮の都(ノーダメ)に!


真鍮の都(モダマス 2014)

MTG公式サイトのコラムにて、

MTGの珍フォーマット 「キューブレット」

が紹介されました!

 (公式)あなたが(たぶん)知らない5つのフォーマット

フォーマット「キューブレット」の基本ルールは、

  • 1種1枚で100枚のデッキを組む(このデッキをお互いに共有)
  • 毎ターン、手札を1枚(カードタイプ問わず)を『「タップ」:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ1点を加える。』を持つ特殊地形としてプレイ可能
  • マリガンは不可
  • ライブラリーは共有だが墓地は別々

となっており、全カードを土地として利用するという意味では若干「デュエルマスターズ」に近い感じと言えそうです。

また、1つのデッキをお互いに共有して対戦するという意味で、以前YouTubeで見た下記の遊戯王OCGの対戦動画が思い浮かびました(^^)

自分が100枚の「キューブレット」用のデッキを持っていれば、いつでもどこでもMTGが楽しめるのはいいですね!

この記事を読んで、懐かしいカードを詰め込んで思い出に浸りながら遊べる「キューブレット」用のデッキを組んでみたくなりました(^^)

WS019520 WS019521 WS019522

 変異種(ウルザズ・サーガ)が激安特価!

変異種って、今こんなに安いんですねえ。私の青春時代には2000円超の手が届かないトップレアでした。パックからゲット出来たときは嬉しかったなあ(懐古)。

 

Share Button


コメントを残す