ゴブリンの熟練扇動者入り「ジャンド(レガシー)」のデッキレシピが公開!Eternal Festival Tokyo 2014にてトップ8のレシピ!


ゴブリンの熟練扇動者(基本セットマジック2015 レア)

スタンダード環境で見ない日は無いといっても過言で無いほどの人気カードとなった

ゴブリンの熟練扇動者

を採用し、Eternal Festival Tokyo 2014にて見事トップ8に輝いた

ジャンド(レガシー)

のデッキレシピがMTG公式サイトで紹介されました!

 (公式)中村修平デイリー・デッキ「ジャンド(レガシー)」

 

1 《森》
1 《沼》
3 《Bayou》
3 《Badlands》
4 《燃え柳の木立ち》
4 《新緑の地下墓地》
1 《樹木茂る山麓》
3 《汚染された三角州》
3 《不毛の大地》


-土地(23)-

4 《死儀礼のシャーマン》
4 《闇の腹心》
4 《タルモゴイフ》
3 《ゴブリンの熟練扇動者》


-クリーチャー(15)-

4 《思考囲い》
3 《稲妻》
4 《突然の衰微》
3 《Hymn to Tourach》
3 《罰する火》
1 《森の知恵》
4 《ヴェールのリリアナ》


-呪文(22)-

2 《強迫》
2 《赤霊破》
2 《外科的摘出》
1 《仕組まれた爆薬》
1 《真髄の針》
2 《ゴルガリの魔除け》
1 《古えの遺恨》
1 《壌土からの生命》
2 《仕組まれた疫病》
1 《クローサの掌握》


-サイドボード(15)-

それにしても、ゴブリンの熟練扇動者の出世には目を見張るものがありますね!

100円程度でも取引されていた時代があったのが懐かしくなるほど、いまでは2000円以下で取引されることはほとんど無い超高額レアとなりました(^^)

スタンダード環境における攻撃性能の高さはすでに証明済みですが、レガシー環境でも通用するとは。。。

 (M15)ゴブリンの熟練扇動者 【1】【2】 【3】

Share Button


コメントを残す