【ドミナリア】ギックスの信奉者、ローナ(Rona, Disciple of Gix)が公開!3マナ2/2&CIPで墓地の「歴史的」カードを追放&4マナ・タップで自ライブラリートップを追放&このカードで追放したカードはいつでも唱えられる!


【ドミナリア】ギックスの信奉者、ローナ(Rona, Disciple of Gix)が公開!3マナ2/2&CIPで墓地の「歴史的」カードを追放&4マナ・タップで自ライブラリートップを追放&このカードで追放したカードはいつでも唱えられる!

MTG「ドミナリア」にアンコ収録される青黒伝説の人間・工匠・クリーチャー

ギックスの信奉者、ローナ(Rona, Disciple of Gix)

が情報公開されました!

ギックスの信奉者、ローナ(Rona, Disciple of Gix)ドミナリア・日本語版 ギックスの信奉者、ローナ(Rona, Disciple of Gix)ドミナリア英語版

《ギックスの信奉者、ローナ》
{1}{U}{B}
伝説のクリーチャー ― 人間・工匠
2/2
ギックスの信奉者、ローナが戦場に出たとき、あなたはあなたの墓地から歴史的なカード1枚を対象とし、それを追放してもよい。(歴史的とは、アーティファクトと伝説と英雄譚のことである。)
あなたはギックスの信奉者、ローナにより追放された土地でないカードを唱えてもよい。
{4}, {T}:あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。

* 《ギックスの信奉者、ローナ》が戦場を離れた場合、追放されたカードは永続的に追放されたままとなる。《ギックスの信奉者、ローナ》が再度戦場に出ても、それは「別の」《ギックスの信奉者、ローナ》が追放したカードとは関連していない。新しい《ギックスの信奉者、ローナ》が1つ目と最後の能力によって追放したカードは、新しいカード群になる。新しい《ギックスの信奉者、ローナ》の2つ目の能力によって唱えることができるのは、それらのカードのみである。

* あなたのライブラリーから追放するカードは表向きに追放する。

* 《ギックスの信奉者、ローナ》の最後の能力の解決後には、それがあなたのターンであれば、あなたが優先権を持つ。あなたは、他のプレイヤーが何らかの処理を行う前に、唱えることが適正であれば追放されたカードを唱えることができる。

* あなたが追放領域からカードを唱える場合、通常のタイミングの許諾や制限に従わなければならない。

* あなたは、その呪文の追加コストを含めたコストをすべて支払う必要がある。あなたは《永遠の大魔道師、ジョダー》などによって許可される代替コストを支払うこともできる。

* 追放されたカードは、あなたの手札にあるわけではない。それをサイクリングしたり、捨てたり、それの起動型能力を起動したりすることはできない。

* あなたがカードを唱え始めた後は、《ギックスの信奉者、ローナ》のコントロールを失ったとしてもその呪文には影響がない。

* あなたがライブラリーの一番上から追放するカードは《ギックスの信奉者、ローナ》の最後の能力の解決時に決定する。これは、あなたがその能力を起動したときにあなたのライブラリーの一番上にあったカードとは異なる場合がある。

青黒1で2/2の基本ボディを持つとともに、

  • 戦場に出た際に、墓地の「歴史的」なカードを1枚追放
  • 4マナ&タップでライブラリートップを追放
  • このカードが追放したカード(土地以外)は、いつでも唱えられる

という3種の能力を備える、ディミーア・カラーの伝説クリーチャーです!

 MTG「ドミナリア」収録カードリスト情報一覧まとめ
 MTG「ドミナリア」の関連記事一覧はこちら

カーンの経時隔離(Karn's Temporal Sundering)ドミナリア日本語版 悪魔王ベルゼンロック(Demonlord Belzenlok)ドミナリア・日本語版カード


コメントを残す