モダン環境にて「ギタクシア派の調査」と「ゴルガリの墓トロール」の2枚が禁止指定に!


モダン環境にて「ギタクシア派の調査」と「ゴルガリの墓トロール」の2枚が禁止指定に! モダン環境にて「ギタクシア派の調査」と「ゴルガリの墓トロール」の2枚が禁止指定に!(トロール)

MTG公式によるスタンダード&モダン環境の禁止・制限改定が発表され、

ギタクシア派の調査ゴルガリの墓トロール

がモダン環境の禁止カードに指定されました。

 (公式)2017年1月9日 禁止制限改定

モダン環境にて「ギタクシア派の調査」と「ゴルガリの墓トロール」の2枚が禁止指定に!

【モダン「ギタクシア派の調査」禁止指定の理由】

 《ギタクシア派の調査》はいくつかの方法で、特に「オール・イン」の戦略的決定をしなければならないデッキに完全情報(とカード1枚)を与えることによって、3ターンキルの数を増加させていました。これはリアクション的なデッキが効果的なブラフを行う能力や、アグレッシブなデッキがそれらのターンに手順ミスを行うことをなくしてしまいます。突き詰めると、このカードは安すぎるコストでやりすぎでした。

モダン環境にて「ギタクシア派の調査」と「ゴルガリの墓トロール」の2枚が禁止指定に!(トロール)

【モダン「ゴルガリの墓トロール」禁止指定の理由】

 発掘メカニズムとデッキは、サイドボード戦の方向へ推し進めすぎることでモダンに悪影響を与えました。《安堵の再会》と《秘蔵の縫合体》が印刷され、このデッキはこのフォーマットを再び不健全なものにしてしまいました。これらのカードは議論に挙げられましたが、本当に問題を起こしているのは常に発掘メカニズムそのものです。

ws205426 ws205427

なお、今回の禁止制限改訂では、スタンダードにて「密輸人の回転翼機」と「約束された終末、エムラクール」、「反射魔道士」が禁止カードに指定されています。

スタンダード環境で「密輸人の回転翼機」が禁止指定に!機体デッキを含む、環境上位のデッキにほぼ確定採用される最強の「機体」! ws205423 スタンダード環境で「反射魔道士」が禁止指定に!白青フラッシュなどで活躍する強力なバウンス&プレイ制限能力持ちクリーチャー!

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG「霊気紛争」収録公開カードリスト情報まとめ

Share Button


コメントを残す