スタンダード環境で「約束された終末、エムラクール」が禁止に!昂揚や「霊気池」などでフィニッシャーを務める凶悪エルドラージ!


スタンダード環境で「約束された終末、エムラクール」が禁止に!昂揚や「霊気池」などでフィニッシャーを務める凶悪エルドラージ!

MTG公式によるスタンダード&モダン環境の禁止・制限改定が発表され、

密輸人の回転翼機

がスタンダード環境の禁止カードに指定されました。

 (公式)2017年1月9日 禁止制限改定

【禁止指定の理由】

 恐ろしく強力なものとなるべく作り出された《約束された終末、エムラクール》はその約束をとてもうまく果たしていました。エムラクールが直面する抵抗はほんのわずかで、彼女はゲームをあまりにあっけなく終わらせてしまいました。彼女は物語中の世界の終末、全能の怪物であり、それはスタンダードにとってやりすぎたものでした。

昂揚や霊気池などのデッキで、「出せば勝てる」フィニッシャーとして活躍した一枚で、その「唱えて出せた場合での支配力の高さ」ゆえにスタンダード環境をゆがめる存在として禁止指定となりました。

 (関連)ティムール”霊気池”デッキレシピ(PTカラデシュ ベスト6)
 (関連)ターボ・エムラクール デッキレシピ(世界選手権)

なお、今回の禁止制限改訂では、スタンダードにて「反射魔道士」と「密輸人の回転翼機」が、モダンにて「ギタクシア派の調査」「ゴルガリの墓トロール」が同様に禁止カードに指定されています。

ws205422 スタンダード環境で「密輸人の回転翼機」が禁止指定に!機体デッキを含む、環境上位のデッキにほぼ確定採用される最強の「機体」! ws205424 ws205425

 MTG「デッキレシピ」の一覧まとめ記事はこちら
 MTG「霊気紛争」収録公開カードリスト情報まとめ

Share Button


コメントを残す