イクサランの新ジェイス「狡猾な漂流者、ジェイス」が公開!新たなメカニズム「伝説のプレインズウォーカー」を持つPWジェイス!


イクサランの新ジェイス「狡猾な漂流者、ジェイス」が公開!新たなメカニズム「伝説のプレインズウォーカー」を持つPWジェイス!

MTG「イクサラン」に収録される新ジェイス

狡猾な漂流者、ジェイス

が情報公開されました!

狡猾な漂流者、ジェイス(イクサラン)

3マナで初期忠誠値3を持ち、

  • 自クリーチャーがプレイヤーに戦闘ダメージを与えた際にルーター効果発動
  • 呪文や能力の対象になると自壊するイリュージョン・トークンの生成
  • 伝説性を持たない自身のコピー・トークンを2体生成

という3種の能力を持っています!

 

また、本セット「イクサラン」以降は多くのプレインズウォーカーに「伝説性」が追加され、新たなルールが適用されるようです!

ルール「伝説のプレインズウォーカー」について

そして珍しいタイプ行にご注目ください!「伝説のプレインズウォーカー ― ジェイス」 たくさんの疑問が浮かんだに違いありません。その疑問をひとつずつ解消しましょう。
今回のセットより、過去、現在、そして未来におけるすべてのプレインズウォーカーが「伝説の」のサブタイプを持つことになります。それらには「レジェンド・ルール」が適用され、「プレインズウォーカーの唯一性ルール」は廃止されます。つまりどういうことでしょう? 簡潔に言うなら、伝説のクリーチャーに起こることが伝説のプレインズウォーカーにも起こるということです。
この新たなルールの下では、プレイヤーが同じ名前の伝説のプレインズウォーカーを2枚以上コントロールしている場合、1つを除いてオーナーの墓地に置くことになります。つまり、《秘密の解明者、ジェイス》をコントロールしている状態で《狡猾な漂流者、ジェイス》を唱えても、両方のジェイスをあなたのコントロール下で戦場に残しておけるのです。
プレインズウォーカーは引き続き、(ジェイスやニッサ、ボーラスなど)プレインズウォーカー・タイプを持ちます。ただしそれらのサブタイプは、プレイヤーがそれをコントロールし続けられるかどうかを決定する際に参照しなくなります。なお《ジェイスの敗北》のようなカードでは、それらのサブタイプを参照します。


 MTG「イクサラン」収録カードリスト情報まとめ
 MTG「イクサラン」の関連記事一覧はこちら

Share Button


コメントを残す