【イクサランの相克】白黒伝説神話の吸血鬼騎士「Elenda, the Dusk Rose」が公開!4マナ1/1「絆魂」&他のクリーチャーが死亡するたび+1/+1カウンターを獲得&死亡時に自身のパワーに等しい数の1/1「絆魂」吸血鬼トークンを生成!※日本語名は「薄暮薔薇、エレンダ」!


【イクサランの相克】白黒伝説神話の吸血鬼騎士「Elenda, the Dusk Rose」が公開!4マナ1/1「絆魂」&他のクリーチャーが死亡するたび+1/+1カウンターを獲得&死亡時に自身のパワーに等しい数の1/1「絆魂」吸血鬼トークンを生成!

MTG「イクサランの相克」の神話レア枠で収録される伝説の吸血鬼・騎士

Elenda, the Dusk Rose(薄暮薔薇、エレンダ)

が情報公開されました!

Elenda, the Dusk Rose(イクサランの相克)

白黒マナ1点ずつを含む4マナで1/1「絆魂」の基本ボディを持ち、

  • 他のクリーチャーが死亡するたびに+1/+1カウンターを1個獲得
  • このカードの死亡時にこのカードのパワーに等しい数の1/1「絆魂」の白吸血鬼トークンを生成

という2つの能力を持った、アドバンテージを失いづらいクリーチャーとなっています!


 MTG「イクサランの相克」公開カードリスト情報一覧
 MTG「イクサランの相克」関連記事一覧

Zetalpa, Primal Dawn(イクサランの相克) Kumera, Tyrant of Orazca(イクサランの相克)

【追記】

日本語版カード「薄暮薔薇、エレンダ」が公開されました!

薄暮薔薇、エレンダ(イクサランの相克)

MTG公式コメント

多色カードをデザインするためのコツのひとつが、各色の能力から、テーマ的に関連があってメカニズム的にシナジーがあるものを見つけることである。《薄暮薔薇、エレンダ》はその好例だ。黒の能力で、吸血鬼にふさわしいものは何だろうか。『Arabian Nights』の《Khabal Ghoul》に由来する、そのターンに死んだ他のクリーチャーの数に等しい+1/+1カウンターを得るという「カバル能力/Khabal ability」はどうか。これは非常に吸血鬼らしい。

Khabal Ghoul(マジックザギャザリング)

 白はもう少し難しい。白(と、ときおり緑)は、大抵が小さい、トークン・クリーチャーに手を付けることがある。そうして生成されるトークンが吸血鬼であれば、それはテーマ的に関連性を持つことになる。『イクサラン』の吸血鬼・トークンは、1/1の白のクリーチャーで絆魂を持つ。絆魂は白と黒の能力なので、これは白黒のカードでうまく働く。

 クールなのは、両方の能力が吸血鬼の能力らしく感じられ、しかもシナジーを持っていることだ。《薄暮薔薇、エレンダ》が死亡すると、それまでのクリーチャーの死亡数に応じた吸血鬼を生成するのだ。その時までは、大きな脅威である巨大絆魂クリーチャーとして存在し、対戦相手が殺したとしてもやはり恐ろしいことになるのだ。ヴォーソスもメルも楽しんでくれるだろう。

 MTG「イクサランの相克」公開カードリスト情報一覧
 MTG「イクサランの相克」関連記事一覧


コメントを残す